いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

延暦寺から日吉大社へ

 

今回の京都・滋賀の旅、目的地の一つが日吉大社でした。

以前 あるお方から日吉大社へ参ってみるようにアドバイスを頂きました。その時から心の片隅に日吉大社があって、ずっと温めてきた参拝だったのです。何か私自身にとって、大きな意味のある参拝になるのではないかと直観していました。

そんな待ちに待った日吉大社の参拝ですが、延暦寺をまわってから日吉大社に入ると夫は言います。「先に延暦寺なの?日が暮れない?本当に大丈夫?」スケジュールの関係から日吉大社を参拝するタイミングは今日しかなかったのです。ブツブツとうるさい私だったと思います 笑 

そんな私を横目に 「この方が回り易いんだよ(^^)」といたってのんびりな夫。でも、私達にとってはこれが順路なのだと、きっと夫は無意識下でわかっていたのだと思います。

 

根本中堂の長い階段の上は真っ赤な紅葉がとても綺麗でした。

f:id:mruru:20171206145109j:plain

 

東塔の大講堂を参り開運の鐘をならした後くらいから、元気だった体が突然重くなりました。根本中堂の長い階段は 年配の参拝客と同じスピードでしか登れません。 手すりをおばさま達と譲り合いながら 上がらない足を引きづるように登りました 。万拝堂で引いたおみくじは まさかの凶!ここにきて凶なのか‥とがっくり。なんだか今の体調の悪さを物語っているみたいで、一層元気がなくなる私でした 笑

 

f:id:mruru:20171206144750j:plain

 

緩い上り坂でも 夫に手を引いてもらわないと歩けませんでした。それでも夫は、さらに階段を上へと登ります。「鬼かー!」と心で叫びつつ 笑 登った階段の先には 阿弥陀堂が現れました。 

お堂では幸運なことに参拝客の方の御祈祷の最中で、私達も有難いお経の中 阿弥陀様に手を合わせました。お坊さんの素敵なお経を聞いていると一瞬で心が静まっていきます。。これまでも沢山のお経を聞いてきたけど、瞑想状態になるなんて 初めてかもしれない。

阿弥陀堂を出ると 不思議なことに驚くほど体が軽く、行きと帰りでは別な体になっていました!こんなことってあるのかしら‥と驚きつつ、きっと阿弥陀様に祓っていただいたのだなと思いました。

 

f:id:mruru:20171206145307j:plain

 

現在 この参拝から1か月が経ちました。今の自分の身に起きている変化の数々を思うと、延暦寺阿弥陀堂に参拝後 日吉大社へ行くというこの順路が、この旅の『筋』だったのだと思います。この『筋』を通さなくては 今の私はきっとなかった と腑に落ちます。 

ブログを書きながら記憶が整理されていきます。現地でその時には気がつかなかったことが、今ならするするっと理解できる、繋がっていく。 そんなことが最近は特に増えているような気がします。

 

 阿弥陀堂を参拝後 東塔の入り口付近にある鶴喜そばで、遅めの朝食に温かな「比叡山そば」を頂きました。エネルギー補給も十分にできたので、元気が途切れることもなく 西塔も横川も参拝することができました。

 

f:id:mruru:20171206144717j:plain

 

横川を出て奥比叡ドライブウェイを琵琶湖の方へと車を走らせると、うっすらと虹がかかっていました。雲で一度途切れたその先の虹は、琵琶湖の上に架かっていました。柔らかなブルーがとても綺麗な琵琶湖。眼下に琵琶湖を見て とっても幸せな気持ちになりました。

 

f:id:mruru:20171206001857j:plain
f:id:mruru:20171206231630j:plain

 

今思うと、この虹は日吉大社参拝の準備OKサインだったんだと思います。だいぶ寒くなってきました。それでも日が暮れる前に 日吉大社へ参拝できそうです。