いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

簾舞 花岡神社

札幌中心部から定山渓方面に走ると、南区に簾舞(みすまい)という地区があります。割と山深い場所にある町です。そこにある『花岡神社』に行ってきました。

 

拝殿の横に駐車スペースらしき空間があります。この奥に車を止めました。

 

f:id:mruru:20170722224358j:plain

 

車を止めて最初に目につくのは、拝殿の横壁にあたる場所にある掲示物でした。読むと、祭祀は北海道神宮・三吉神社さんとのこと。普段は無人の神社さんです。

 今の簾舞地区を作られた先代の皆さんのパネルがありました。当時の深い山の中、木を切り出して整地しているパネルです。

写真の皆さんはまだ年若く見えました。精悍な顔つきがとても大人に見えます。未開で極寒の地の山の斜面をならしての開拓は本当に大変だったと思う。 この地に立つことを有り難く感謝して参拝いたしました。

御祭神は天照大神応神天皇大山祇命明治天皇

 

f:id:mruru:20170722224518j:plain

 
f:id:mruru:20170722224002j:image

 

自然豊かな場所にありますが蜘蛛の巣なども見当たりません。人の手が入っている神社さんだなと思いました。

場所は簾舞花岡公園と隣接しています。下の写真は上の写真の鳥居をくぐった後に参道を歩きながら撮ったものです。

 

f:id:mruru:20170722224059j:plain

 

屋根に梯子? おそらく雪下ろしの関係で置かれたものでしょうね。このあたりは雪深い場所ですから管理も大変だと思います。 ただ あまり見ない光景 笑    なんともおおらかです。


f:id:mruru:20170722224127j:image

 

応神天皇八幡神なのですね。今回調べていて学びました。こちらは男の神様が多く祀られているせいか、おじいちゃんのような(といっては失礼ですね 汗)朴訥とした馴染み良い温かさを感じました。

 

f:id:mruru:20170722224634j:plain

 

神社からの 帰り道、 車が神社を出てすぐ一羽の烏が数秒 車と並走しました 笑 

そして やっぱり私の心はとてもウキウキしていて「幸せ」と言っていました。ちょっとした魂の巡礼・・しているのかもしれません (^^)

 

 今回気になったことがありました。花岡神社さんの祭祀をされているのが、北海道神宮と三吉神社だったことです。そこか!笑

三吉神社は三吉霊神(みよしのおおかみ)という秋田で生まれた守護神が御祭神の神社です。わたしのルーツが秋田にもあると、あるお方に教えて頂いたことがあります。

十数年も昔に秋田へ行ったことがあります。賑やかなお祭りも、見る景色も、川の音も、食べる物も、その全てが「大好き!」で、初めて来たのにこの心地よさはなんだろう?と思いました。今思うと あの時の心地良さは過去世からくるものだったのかもしれません。

今回 花岡神社に行って三吉神社を思い出すのも また 必然だったのかもしれません。