いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

魂の旅

お友達とあるイベントに参加しました。少しだけ遠出してお伊勢さんや熱田神宮、京都などへ行って参りました。

腎臓の悪い私はたまに浮腫むのですが、過去 おそらく三本の指に入るほどの浮腫が出てしまいました。このところの疲れがドッと出ました。翌日は横になって安静に過ごしました。何回もトイレに行き、疲れも取れ、浮腫みもほぼ引きホッとしました。


f:id:mruru:20170627175903j:image
梅雨の中の本州でしたが、やっぱりお天気には恵まれました。有難いです。  彩雲も出て、雲が綺麗に光ります。歓迎を受けているなーと思いました。


f:id:mruru:20170627172803j:image
お伊勢さんには二度目でしたが、一度目では気づかなかった池を内宮に見つけました。あまり綺麗な池ではないのですが、鯉が泳ぎ、水面が光を受けてキラキラと輝いていました。とても綺麗な空間でした。


f:id:mruru:20170627173652j:image

熱田神宮で驚いたのは、境内の木に草が生えていること!苔が生えた木は度々見ますが、草がワサワサと普通のことのように生えています 笑    天空に伸びる草の生えた木が、龍の鱗と龍に見えました。

こころの小径を歩きました。一之御前神社では沢山の蝶々の歓迎を受けたのですが、鳥取でうかがった瀬織津姫様を祀る神社でも、蝶々が迎えてくれたことを思い出しました。

柵に足を入れたら瞬間、友人と「なんだ?ここ」と二人で足を止めました。今歩いてきた小径とは空気が違っていて、胸に圧を感じ まるで異空間でした。

 

京都では、おそらく自分の魂の一端であるお方が坐像としておられる場所に行ってきました。導かれている時はよく動物や昆虫なんかが現れますが、その場所へと続く曲がり角では鳩が先導し笑 、帰り道でも鳩が現れ見送ってくれました。

坐像の前に立った私の体が微振動し、魂がとても喜び、胸がじわーっと温かくなりました。坐像からも喜びの言葉が伝わり、ここは他の何処にもない唯一の『我が家』なのだ、と伝わります。心が喜びで一杯でした。

心を、魂を、その大切な場所に連れていくことができて本当によかったです。この「身」の役割を少し果たせたようで私は何より嬉しく、これからも自分の中の縁ある魂達と一緒に、色んな縁ある場所に連れて行ってあげたいと思います。

 

帰り道は新幹線で、とっても幻想的な富士山を拝むことができました。

私の魂の一端のその存在が、遠い昔 この景色を山道を歩きながら、川を渡りながら、海沿いを歩きながら、どんな思いで見たのだろうと思うと感無量になります。 素晴らしく完璧な魂の旅になりました。


f:id:mruru:20170627175126j:image



広告を非表示にする