いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

流れに身をまかせて

 

札幌ではYOSAKOIソーラン祭りが始まりました。 あいにく天気予報には曇りや雨マークが並んでおります。お客様も踊り子さんも風邪などひきませんように。

 

昔の6月の北海道というのは爽やかなイメージでしたが、北海道も今では蝦夷梅雨という雨が降りやすい季節となりました。ソーラン祭りの頃はどうしても雨の日が多くなってしまいます。 

この雨はソーラン祭りが終わると始まる「さっぽろ祭り」の「浄化」の雨となっているのかもしれませんねぇ。大いなる源のエネルギーの循環を想像します。「さっぽろ祭り」は北海道神宮のお祭りです。

日本神話では、天岩戸の前で乱舞した天細女命と大盛り上がりの神様達。そしてその声で姿現す天照大神様。 

浄化の雨を降らせ神様への捧げものであった「踊り」をみんなで楽しむ、ソーラン祭りは北海道の神様に見守られ育まれ、神様への捧げものにもなっているということなのかも~と妄想しました 笑 

 

そんな私も、大いなる源の流れに抵抗をするのをやめました。というか、抵抗していたことに気づきました 笑   やめると恐れにも怒りにも心惑わすことが減り、ただ幸せな気持ちになります。

 日々うちのワンコに学んでいますが、ワンコの老いのリズムに私も順応しつつ、穏やかに過ごしています。 

mruru.hatenablog.com

 

どうしても寝る前のオシッコをしない時は、二人で居間のソファーでゴロりんとしばし眠るようになりました。

この前もソファーでワンコと眠っていたら、私の耳元でパチンッと何かが弾けた感覚の後、「ごめんね」と言葉が入ってきました。 浅い眠りのふんわりとした意識の中で、「あーワンコの心を感じている」・・ととても幸せになりました。

「いいのよー、気にしないでね。私もおばあちゃんになったら同じようになるんだからお互いさまよ」と思いを返しました。こんな素敵な経験ができるなんて!と、とても嬉しかったです。  

そんなふうに狭いところでくっついて仮眠をすると1時間ほどで暑くて目覚め、オシッコをしてくれます(*^^*)   ワンコにはワンコのリズムがあることを教えられます。

 

今は花火大会のクライマックスと同じだなーと思う。バーンバーンと綺麗な花火が夜空に連打される時というのは、美しくて儚くて楽しい時間の終わりの知らせにもの寂しくなる時。今私はそんな時に似ている時間を生きている気がします。

ワンコの一生の中のクライマックスで美しい時間を一緒に過ごすこの幸せに気づいて、本当によかった。とても特別で幸せな時間をありがとう。


f:id:mruru:20170608110620j:image

 

そういえば「ごめんね」の前のパチンと弾けたのって、いつかブログにも書いた蜘蛛を見た時と同じ感覚だった気がします。あの時は弾けて消えた時の衝撃がパチンと感じたけれど、今回は寝ていたので目ではみていません。

自分以外の波動と接するとこんな風になるのかしらね?不思議です。

 

mruru.hatenablog.com