いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

「今ここ」を生きるのって難しい

 

早いもので今日から6月ですね。もう1年の半分なんて信じられない 笑

遡ること 5月26日 は双子座で新月でした。その日は月と地球が最も接近していた日で、新月で見えませんでしたが実は大きなお月様だったそうです。

その新月の数日前、ショックな出来事がありました。 ちょうど私の出生の水星とその日のお月様が合の時。自分の思考にぐぐーっとスポットが当たっていたようで、案の定、自分の思考の普段は気づきにくい一面を見ることになりました。トホホ。  

自分をジャッジする価値観から抜け出せなくて、夜中にベランダに出て気分転換しても、心安らぐ香をまとっても、ダメと知りつつ夜中にお菓子を食べてみても、切り替えることが難しい夜でした。  そうやって駄目な自分をヨシヨシと受け止めるしかできないこともあるのですね。 

この流れはそのまま新月デトックスへ、そして新月から満月へと満ちてゆく流れへ。不必要な感情も自分の中の毒も認め全てを手放したら、あとは進むだけです。 

今日はそうゆう話を書こうと思います。

重いなーと思ったらスルーしてくださいね 笑 では興味があればご覧ください(*^^*) 

 

 

 15歳になるワンコと同居しています。私は子どもがいませんが、この子の存在は「お母さんの気持ちと目線」や、最近では「老いとの向き合いかた」を教えてくれます。この子は私の先生です。

最近は老いのせいもありトイレ以外で粗相をすることが増え、それが私の悩みの種だったりします。 クーンクーンと泣く仔犬の時期に根負けして以来いつも寝る時は一緒なので、寝室に行く前には必ずオシッコをしてもらいます。

 

最近寝る前のオシッコを拒否することが増え、その日は寝室のトイレにも行かずに私のシーツと枕に粗相をしました。シーツの下には防水シートが敷いてあるので敷布団はセーフ。枕にもオシッコをしていたことを知らなかった私は、枕の上に頭を乗せてしまいました。髪の毛はオシッコまみれ・・ 

大きくため息をつき、 私はとりあえず無言でその場を離れました。そうするのが精一杯。おばあちゃんワンコを叱ることはできませんから。

髪はもちろん、洗える物は全部洗いました。足元では無言で放置されたワンコが、時折ブルブル震えながら「ごめんね」と私に訴えていました。 私は言葉では叱らなかったけれど態度ではプンプンしていたはずです。 ワンコは自分のしたことを理解し、ママが怒っているのも察知していたと思います。

 

ワンコは、私が「怒っていないよ」と抱きしめ一緒にお布団に入ると、安心したのかそのままぐっすり眠りました。 一方私は全然眠れず、起きた出来事よりも自分の態度が情けなく、許せませんでした。そうなってしまうと、もう次々に自分への自己否定が心で膨らみます。 

なぜイラついたのか、なぜすぐ「怒っていないよ」と抱きしめられなかったのか、その内観から逃げることができませんでした。 なぜならその日の星の配置の影響はとても大きく・・、新月に向かってお月様は、私の出生の月、土星、水星に次々合で影響しながら進行していました。論理的な私の土星先生は見て見ぬふりを良しとはしませんでした。

 

『震えて反省していたワンコを目の前にした瞬間』を「今ここ」と捉えたら、私のイライラは『過去の出来事に』ついて起きていることがわかります。

「過去」に洗ったシーツと枕カバーと髪の毛を「過去」に汚され、「過去」にオシッコはないと拒否したのに「過去」に粗相をしました。 全部「今」ではなくて「過去」に起きたことです。 この過去へのイライラは、私が「今ここ」に生きていないことを教えてくれています。 私がもし「今ここ」に心を置いていたなら、自然な感情として、不安そうなワンコを抱きしめて不安を取り除いてあげていたでしょう。

「今ここ」の一分一秒に存在する「私」の連続が「生」です。過去の積み重ねが「今」ではあっても、過去の積み重ねに心を置いたまま「今」を生きると、まさに起きている「今ここ」の「生」の一瞬に気がつかないまま時を重ねてしまうんですね。そのことを実感を持って初めて理解したような気がします。

そしてハッとしたのは、このことはヴィパッサナー瞑想そのものだということでした。今を観察する・気づくということが、瞑想の世界の中だけで終わっていました。「今ここ」に生きることが習慣となり日常に反映されて初めて、「生」の中で活きたヴィパッサナーを実践しているということなんですね。

 

 私の経験は、過去に囚われることの罪深さを教えてくれました。過去に囚われていたために、知らず知らずのうちに、私は大切な子に無視という罰を与えていました。私の中の残虐さが顔を出した瞬間だったと思います。 ダメな自分も自分の中の毒も、私であり私の一部でした。気づいた時に反省し、一つ一つ手放していくしかありません。

それと、久しぶりに自分をジャッジしました。できる罵声は全部自分に浴びせました。私もまた傷ついた者の一人です。 翌朝、浄化の入浴をしてクリアリングしました。夜向き合った心のデトックスのお蔭もあって心も体もスッキリしました。

 意識もせずに「今ここ」を生きるのは難しいことかもしれません。過去にイラつくことだってこれからもきっとあります。その度にこの時のことを思い出して、何度も胸に刻むしかない。 

凡人なのでそうやって生きて行くしかないと思います 笑   大切なものはいつだって「今」にある、一つ一つの気づきが今は愛しいです。 

 

長文に付き合っていただき感謝いたします。 

  

f:id:mruru:20170526113614j:plain 

最愛の子に 全てに 感謝 

広告を非表示にする