いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

徳島旅行 ~上一宮大粟神社~

 

今回 徳島県にある「上一宮大粟神社」に参拝することとなった経緯は、こちらに書かせて頂いてます。よろしければご覧下さい(^^)

mruru.hatenablog.com

 

こちらの神社は「待ってたよ~」と言われているような大らかな心地のする神社でした。 

f:id:mruru:20170501164609j:plain

 砂利の坂道が終わると石の階段。雨で濡れた階段は滑りましたが、苔は緑がイキイキとし、木々の匂いにはとても癒されました。この坂は思った以上に急です。上から見るとこんな感じ↓

 
f:id:mruru:20170501172834j:image

ぜーぜーしながら登っていると、この参道の歩き方を大宜都比売様からか?守護神様達からか?どなたかに教えられたようでした。歩き方を変えてみると疲れることなく登れたのでとても有難かったです。

 

拝殿は木彫りの彫刻が印象的で、ここに鎮座した当時はとても華やかな神社だったのだろうと想像しました。拝殿の後ろには朱色の本殿。朱色ってことは、やはりこちらの大宜都比売様はお稲荷様なのかもしれない、と思いました✨  

 

この写真の拝殿と本殿の繋ぎ目辺りに、透明なものが写っていますよね。背景が透けて見えています。わかりますでしょうか? 同じ場所を写した写真でもこの透明のものが映っていない写真もあるので、そこには本来何もないはずです。私が写した写真に写るこの透けているものはいったい何でしょう?

私の目にはこちらを窺う狐さんのシルエットに見えるのですが (^^ゞ  大宜都比売様の御神気に触れさせて頂いたようで嬉しいです。


f:id:mruru:20170410155642j:image

 

こちらには井戸があります。苔生す中に綺麗な水が湧いていました。こちらは天の真名井の伝説の残る地なのだそうです。
f:id:mruru:20170501173206j:image

 

『生命むすびの碑』という石碑があり そこに書かれていたのは、『神代より食物の祖神として尊崇される大宜都比売大神は この大粟山に鎮座し 水の神々と共に五穀豊穣を達成してきた』とあります。

古事記には、天地が形成された時に現れたのが天御中主神高御産巣日神神産巣日神だったとあります。万物に神が宿ると考えられていた古来の日本は、物の結び目にも神の心が宿っていると考えられていたそうです。(次の日に参拝する予定の神社は、偶然にもこの三柱が御祭神でした)
f:id:mruru:20170410160101j:image

 

拝殿を正面にして右の方に行くと『瑜伽大権現(ゆかだいごんげん)』という朱色の鳥居があります。中を覗くと、ななな なんと! 

おキツネ様がお祀りされています ( ;∀;)
f:id:mruru:20170410160150j:image
f:id:mruru:20170410160201j:image

 

過去記事『阿波の国』にも書かせて頂いていますが、こちらに参ることになったのは、家の窓からキツネを見たのがきっかけでした。そして大宜都比売様を祀るこちらにキツネ様がいらっしゃった・・・!  

「家までお知らせに来てくださったあのキツネさんはあなた様でしょうか?そうだったらどうもありがとうございました」とキツネ様にご挨拶 しました。 でも「瑜伽大権現というのはなんだろう」という疑問は残り、宿題にして持ち帰ることにしました。

 

自宅で瑜伽大権現を調べてみると、ウィキペディアには

備前国瑜伽山山岳信仰修験道が融合した神仏習合の神であり、阿弥陀如来薬師如来本地仏とする。神仏分離廃仏毀釈が行われる以前は瑜伽山蓮台寺で祀られた』とでています。

 どこにも大宜都比売様の名前は出てきません。お稲荷様の眷属のキツネ様ではないようで、ちょっと残念。 ではあそこのキツネ様はなんであそこにいたのでしょうね?  そこでさらに調べてみました。

倉敷市児島由加山には由加大神・権現様を祭神とした「厄除け総本山 由加神社本宮」という神社があります。そこに行かれた方の素敵な写真の中にキツネさんの写真がありました。 こちらのサイトによると、拝殿の下には七十五匹のキツネさんがいらっしゃるそうです。それには伝説があるようで、

『児島にすむ鬼神を退治しょうとした坂上田村麻呂は、鬼退治に苦心しましたが、瑜加権現に祈り無事に退治することができました。退治された鬼の魂は化して75匹の神狐となり、鬼の遺骸が埋められた上に、三社権現が造営された』そうです。

 上一宮大粟神社の中の瑜加大権現にいらっしゃるキツネさんは、この退治された鬼の魂が神狐になったそのキツネさんということかもしれません。

掲載のお断りをしていないのですがリンクを貼らせていただきました。この場をお借りして心より感謝いたします。http://www.komainu.org/okayama/kurasikisi/yuga/keidai/keidai.html 

 

偶然ですが上一宮大粟神社参拝後の宿泊地に選んだのは、この由加神社もある「児島」でした 。またまた繋がりました 笑 面白いですね(^^) 

 

備前国・岡山』ではもう1つ呼んで頂いてる神社がありました。その神社へ参拝したお話は次回にしたいと思います。