読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

ルネーション占星術

  

ここ数日ジブリ映画『耳をすませば』のカントリーロードが、私の中でぐるぐるしています。

 

♪ カントリーロード  この道 ずっとゆけば

   あの街に 続いてる 気がする カントリーロード

 

この道=人生は、(魂の)故郷に続いている。そんな気がする私です てへ(*^^*)

 

 

 

占星術を勉強していた頃に知った『ルネーション占星術』なるもの。今日はそのことを書いてみようと思います。 

 

生まれた日の空にあるお月さまの状態から、その人の人生のフェーズとかカラーとかが読めてきます。去年本屋さんで鏡リュウジさんの『ルネーション占星術』の本を発見。占星術の教室ではさわった程度だったので、もっと知りたくて購入しました。 

 

鏡リュウジのルネーション占星術 (鏡リュウジの占い入門4)

鏡リュウジのルネーション占星術 (鏡リュウジの占い入門4)

 

 

占星術で月は人の感情をみせてくれます。

私の月は12室にあるので感情とか心とか自覚しにくいです。それに気がついて知りたくて占星術を始めたのですが、月が12室にあることを知ってガクッときました。なるほどねどーりでって(笑)

ホロスコープの「12室」は、ホロスコープの12のサイクルの最後の部屋です。無意識・潜在意識の部屋です。ホロスコープは例えるなら、1室で生まれた赤ちゃんが、人生と同じように成長し学び大人になり、老成していく魂は12室で無へと溶けていく。それはまた巡って1室でおぎゃーと赤ちゃんとして生まれる為に。そんな風に理解できるかと思います。

その12室に月以外にも主要な星がごちゃっとある私は、人の心はわかっても自分の心はわかりにくい。そんな自分の中の“なぜ?”や“不思議”が理解できたので、占星術をやってよかったと思いました。

 

さてそんなお月さま。このルネーション占星術で見ると私はバルサミックムーンの時に生まれています。バルサミックムーンは月が欠けていき、新月を迎える少し前の月。今まさに月が消えようとしている時。

 

鏡リュウジさんの本に書いてある文を引用します。

一日でたとえるなら太陽が昇り、日中に明朗な意識で活動し、日が落ちた後に眠りにつき、無意識の世界に旅立っていこうとする直前をイメージするとわかりやすいでしょう。そのためこの人は「こうしたい」といった個人的な欲求はあまり強くないかもしれません。むしろすべてを手放し、もっと大きなものに身を委ねようとしています。

 

 

その通りなのですね~。。

バルサミックムーンはホロスコープの12室ととても似ています。ホロスコープの月の位置だけでも十分自分がわかりにくかったのに、バルサミックムーンの影響も受けてさらに深い所に「私」はいるのでしょうね。

でも、今まで自分でも理解できなかった深く潜ったような感覚は、実は私にとっての当たり前なんだなと受け止めることができたので、本当に生きやすくなりました。

 

 

 

そして鏡リュウジさんも書いているように、月のバルサミックムーンのフェーズは「手放し」なんです。40を過ぎてずっと手放しをしてきた私ですが、今の私はバルサミックムーンが知らせてくれている「自分のフェーズ」通りに生きています。そして、それが確かに私のカラーになってる気がします。

 

 私は10代の頃から何故か今世は「後始末する」時間を過ごしている気がしていました。自分の夢を育むとか、自分を表現するとか、 実りを収穫する ・繁栄させるという価値観がとても生まれにくかったのです。幸せになることは「持つ」ことではなくて削ぎ落としていくことの中に眠っているような気がしてました。魂がそんなフェーズの道を歩くことを決めて生まれているなんて知りもせず・・・

 

でもそんな感覚があったことを思い出したのはつい最近のこと。

占星術、ルネーション占星術と出会って、無意識の奥底にあったその感覚を思い出しました。今の私の幸福感はその感覚が間違いではなかったのだと教えてくれています。

 

自分の中の静けさと向き合うことが根っから好きなんだなと思います(笑) 最近「いい意味で浮世離れしているね。いい意味でだよ笑」と人に何度か言われました(^^;)

いい意味で良かったです(^^;)

 

ちなみにこちらの鏡リュウジさんの本では鏡さんが名付けた『ルナーシンボル』というのが載っています。

日々満ち欠けする月の相を表しています。その一夜ごとの月に僕が名前をつけたのが『ルナーシンボル』です。略 あなたが持って生まれた資質をさらに読み解くために、このシンボルをチェックしてみましょう。

 

ルナーシンボル、私は『魔女』でした。

あらゆる常識や倫理に縛られない、独特の存在感を持っている人です。略

わっはっは なるほど(^^;)

 

「自分のことをもっと知りたいけど占星術はとっつきにくいな~」と思っている人は、この『ルネーション占星術』はとても簡単で良いと思います。調べ方もとても簡単です。楽しみながら自分の人生のカラーを認識できる一冊となってます☆