読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

『wake up call』から『いつも真ん中でいよう』に変わりました

はじめに

 

内側が変化して何かが少し変わっているという感覚は、春なのに冬服でいるような、そんな感じかもしれないと思った。

衣替え、したくなりました。

 

 『wake up call』として1年と少しやってきました。

4年間という時間、私の中で鳴り続けた目覚まし時計ですが、

やっと鳴り止んだ気がします。

 

 

 目覚まし時計が鳴っている間、

心という見えない世界はいつも純粋に私にぶつかってきました。

私の「どうして?」「どういう意味?」という自分への問いかけは、

私を進化させる機動力になっていました。

 

例えば乳癌という辛い出来事も真理を知ることによって、

辛いとかあれこれの感情から離れ「一つの経験」と思えるようになりました。

 この貴重な時間と経験を与えられたことがとても有りがたいです。

 

 

私の内側は今とても静かです。

空っぽになったあの時からこの静けさは変わりません。

 

でも相変わらず日常では周りで賑やかにあれこれ波風は立つものです。

でもどんな強風も私をなぎ倒すようなことはなく、

私の体を風が通り抜けていくように感じています。

有りがたいほど風通しが良いです。

  

 

『いつも真ん中でいよう』というブログ名。

 

仏教でいう中道を生きるということの大切さを知った時期がありました。

何でもどちらか一方に偏るから苦しかったんだと気づきました。

気づいてからはいつも心に「ニュートラル」と思ってます 。

意識して暮らす、まだまだな今の私です 笑

 

今私は45を過ぎ折り返しの人生の中です。

これからは辛い出来事も多いのかもしれません。

 

 人はそんな辛い時でも心を真ん中に置いて、ブレずに乗り越えられるものなのか? 

 

楽しく穏やかな暮らしを目指しながらも、 

これからは人生をそんな目線でも見つめてみたい。

一度きりの尊い人生だからどんな自分も見逃さないように。

 

 

これまでご縁を頂いた皆さま、どうもありがとうございました。  

今後とも引き続きご縁を頂戴できると嬉しいです(*^^*)

ありがとうございました。

そして よろしくお願いします。