読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

想いが現実化する

スピリチュアル

札幌に降った雪はなかなかとけません~

冷えている証拠です。

地面は凍ってガチガチでした・・まだ11月なのにね。

 

 

最近 『想いの現実化』のスピードがますます速くなっている気がします。

  

先日こんな話を普通にできるお友達と情報のシェアをしあいました。

彼女も変化が起きている様子でした。

仕事において欲しかった評価が、言葉でしっかり貰えるようになった!と言っていました。

 

最近の私は、

「〇〇に行きたいな」と一瞬頭を過ったらそこへの誘いのメールがきた。

「気分じゃない約束をキャンセルしようかな」と思ったもののそのままにしていたら、相手側の都合で約束が流れた。

花屋にお値下の百合があると思って行ったらあった。

 

など。

目に見える形でどんどん実現していきます。

幸せと優しさと感謝に心が温められていて、いい感じです。

 

 

 

だから自分の思うこと、考えることは、実現して欲しいことだけに限定しています。

それ以外の物事は心に住むスペースを極力与えないようにしています。

 

昔はシュミレーションのように心配事を前もって何度も考える癖がありました 笑

でもその通りになってしまうのは、丹念に自分が作り上げたからだと気づきました。

 

厄介事が心や頭を過ってしまうと、厄介が現実化してしまうってことです。

今では例え心配事があっても「ま、いいか」と思いを遮断して、事実心配事に直面するまで考えません。

案外 心配事は現実には起こらないものなんですね・・

 

自分の内側を常にシンプルにしています。

頭から足まで、どこを切っても金太郎飴のように(笑)なっているのが理想的だと思っています。

頭から足まで「ポジティブ」で出来ていたら、どこを切っても「ポジティブ」が現れますが、ネガティブで出来ていれば、どこを切っても「ネガティブ」が現れます。

 

自分の内が何で埋め尽くされているのか、出来上がっているのか、が重要です。

 

 

 

 

 近頃はっきりとパラレルワールドが別れつつあるようです。

私もそうだろうな、と実感があります。

3次元、4次元、5次元、もっと上の次元へ、と何層も意識のパラレルワールドがあります。そのパラレルワールドへと『私達の「意識」の住み分け』が始まっているということなのです。

そして、これは「永遠」の住み分けとなるそうです。

 

 

それはどういうことかと言うと、

自分の内側が矛盾や怒りで満たされていれば、住み分けた世界の他の住人たちも矛盾や怒りで満たされた人達ということです。そんな人達同士の出会いが「基本」になるので、日常ではイライラすることに多く出会うことになってしまうということです。

 

自分がどんな意識で暮らしているか。

その意識によっては生きやすくもなるし、より生きにくくもなってしまうということなのです。自分で進む道を選べるし、どれだけ魂を磨いたか 自分次第なのです。

 

 

この住み分けた世界が現世だけの話なら、これまでのようにあの世に還ってもまた上を目指して修行のためにこの地球へ生まれてくればよいはずです。でも今回の永遠の「魂の(意識の)住み分け」は、地球のアセンションと共にすでに始まっています。

あの世に還ってもその魂の行き先はこの住み分けた世界になるし、生まれ落ちるのもその世界となるのです。

 

 

今困難と向き合う人が多くなっているとしたら、それはその困難によって魂が磨かれるためです。より上層の世界へと導くために私達の魂はもがき苦しんで、魂を磨いているのです。その出来事からより多くの気づきを得ることができるように・・

 

 

 

3次元より5次元が上とか、5次元が偉いという価値観はありません。

ただ選ぶ人が選んだ、それだけです。

でも、誰だって苦労はしたくないし幸せに暮らしたいのが人情ですよね。

だからより高い次元を目指すのです。

 

目指すのであれは、現実化してほしくないことはスッキリと手放しましょう!

それは早ければ早い方が良さそうです。

行きたいパラレルワールドが5次元なら、自分の内側に一切の矛盾や生きにくさがないか、総点検した方が良いです。

悔い、改めて、自分を総点検です。

それがとても大切なステップとなります。

 

どんなに醜い自分が在ってもありのままの自分を受け入れようとした時、

私の場合ですが、苦しくて、悲しくて、涙が溢れました。

最初はとても苦しいのです。

 

認めたくない、認めたら負けるような気がします。

一体誰に負けるというのか?

全く自分でも理解できない心境です。

でもとっても苦しいのです・・

 

今ならわかります。

内なる神様・神様の分けみ霊である魂に

「間違っていました」と認めるからです・・

 

でも、間違ったことを悔い、ごめんなさいと改めても、神は罰を与えるわけでも何でもないのです。だから怖がらなくても大丈夫です。

必要なのは「認める勇気」だけです。

自分の魂・神様はその「勇気」を見ているのです。

 

 

「ごめんなさい」と自分に謝ると、

苦しさと湧き上がる想いがスーッと引いて、スッキリとします。

負の連鎖も切れます。

 その時に生まれる心の動きを感じてみてください。

自分自身が「もう大丈夫。シンプルになった」と思えるようになるまで経過をノートに書き留めておくと、励みになりました。

 

 

とても繊細で温かくてシンプルになった自分が生まれていることに気づくはずです!

その頃にはたくさんの不思議体験を経験することとなります。

人生が不思議で楽しくなってきますよ。

 

自分の思う「素敵な現実」を生きましょう (^^)

 確実に私達は変化の中に在ります。