いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

ハードルを越えろ!

 こんばんは。

 

東京から帰りアレルギー性鼻炎の症状がでてきました。

北海道と変わらないくらい東京は寒くて(ついつい薄着をしてしまったせい? 笑)、今回は寒暖差アレルギーは出ないと思ったのに(:_;) でてしまった・・

毎年季節の変わり目は鼻が大変なことになる(´;ω;`)ウゥゥ

 

去年は目にもアレルギーが出てしまい、花粉症か?と大騒ぎ。

アレルギー検査では問題なしだったんだけど。

嫌な季節がやってきます・・

 

 

先ほどこんなニュースを読みました。

凄いことだと思います! 

headlines.yahoo.co.jp

日常会話でさえも聞き取りにくかったりするのに、専門用語だらけの世界でどうやってその壁を乗り越えられたのでしょう。

 

読んだところによると、周囲の方の協力も多々あったようですね。

医療関係者はマスクをしている事が多いと思いますが、難聴者にとっては口の動きが読めない・音が聞き取りにくい、とマスクは難敵なんです。

 

周囲の協力を仰ぐということは大きな勇気がいります。「聴こえないことを人に言う」という一つの自分の中のハードルを越えるという大きな勇気です。

私もここ数年、このハードルをやっと超えたところです。ただし日常で、ですが。

 

「協力してください」と伝える役割、弱者を理解してくださいとお伝えする役割が、私にはきっとあるのだろうと思えるようになってから、超えられるようになりました。

心配とは裏腹に、伝えられると相手の方達は100%笑顔で協力してくださいます。

日本はそんな優しい人達が沢山いる素敵な国です。

 

それでもまだ社会に出る勇気が私には足りていないな、と思っています。

だからこのニュースを読んでとても感動しました。

 

命を預かるという大きな役割を持つわけですから、間違いは許されないです。きっともっと高いハードルが目の前に立っていることと思います。

でもきっと沢山の協力者のもとハードルを乗り越え、沢山の人の命に寄り添えるお医者さんになられると思います。

そんな未来を私も遠くから応援したいなと思いました。

 

私ももう一つハードルを超える勇気をこのニュースからもらいました。

ありがとうございました!