いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

私の経験した乳ガン・3 ~天からのありがたいアドバイス~

『私の経験した乳ガン・2 ~本気の警告~』の続きです

 

 

mruru.hatenablog.com

 

 ポルターガイスト?のような不思議な出来事を目の当たりにした私は、その時TVから拾った言葉の中から「11月11日にぶどうのなみだを見に行けばいいのか」と結論を出しました。

 

     ~・~・~・~・~・~・~

 

  

私は家から一番近い映画館の上映時間を確認しました。

すると11月11日11:55開演がありました。

 

『11111155』を見て、間違いないこれだ。。とすぐにわかりました!

この数字のゾロ目から受け取るメッセージを『エンジェルナンバー』といいます。

エンジェルナンバーとは、天使が、デジタル時計の数字や、レシートなど、身近な数字のゾロ目にメッセージを託し、私達に伝えていると言われるものです。

 

今回、1のゾロ目と5のゾロ目です。

111は『エネルギーの通り道ができました。あなたの思考は素早く現実のものとなります。プラス思考でいてください』というメッセージです。それが2回繰り返してます。

55は『スピリチュアル的な大きな変化が訪れます。この時期は古いものを手放し、新しいものを受け入れましょう』というメッセージです。

 

 

2012年からスピリチュアルに目覚め、何度も5や1のゾロ目を見てきました。その度に天からのメッセージと受け止め、随分沢山の良くない癖や、必要なくなった思考を手放しました。そして必要なくなったギクシャクした人間関係をポジティブな形へと変化させてきました。 でも、それでもまだ手放しがやってくるなんて!!

 もう疲れたよ・・(>_<)

 

 

でも同時に今までの手放しの甲斐があって、今1つの扉の前に立っているのかもしれないと思っていました。

111111の数字の並びが、私には『扉』や『鳥居』のようだなと感じたんです。

扉が開く、神様への参道を歩き始める、そんな妄想全開でした(笑)

 

それにこんな荒業を使って11111155というメッセージが届けられたことに、何の意味もないなんて、むしろその方が不自然だと思いました。

 

こんな風に突然の出来事を受け入れ、『次の変化変容はスピリチュアル的進歩のための手放し』であり、その変化変容を『ポジティブ思考で捉えてください』という天からのメッセージと私は受け止めました。

 

 

とても神がかったこの出来事を受けて、私は神棚に手を合わせ誓いました。

「必要なものを全部受け入れます! どうか成長させてください」

神様に全部を委ねるのはとても勇気のいることでした。心臓がドキドキしていました。

 

 

~・~・~・~・~・~・~

 

 

 こうした不思議体験が、ガンの告知前に起きていました。

 

変化変容がやってくるというメッセージを忘れた頃に、本当に最大級の変化変容の通告・『乳ガンかもしれない』という窮地に私は立たされていました。

 そして鏡に映った自分の胸の違和感を前に、『11111155』というメッセージを思い出していました。

 

「やばい。神様本気なんだ・・」と思ったのは、

『11111155』の意図することが本当に起こったからに他なりません。

 

「天は、私に変化を求めている。あの時のメッセージは神様からの本気のメッセージだったんだ」と確信したのでした。

 

 

    ~・~・~・~・~・~・~

 

 

 あのポルターガイストのような体験後、予定通り11月11日11:55からの『ぶどうのなみだ』を、ドキドキしながら観に行きました。もちろんその数か月後に自分がガンになっているなんて思いもしていません。

 

何かお告げのようなものを感じるのかな♡ なんてのんきな私でしたが(^^ゞそんなことはあるはずもなく、特に何かが起こる訳でもなく普通に映画を観て帰ってきました(笑)

 

きっと映画を見せることが目的ではなかったのでしょうね。

あの『11111155』というエンジェルナンバーを伝えるために起きた“不思議体験”だったのでしょう。荒業を冒してまでこの数字を伝えたかったのは、それほど「荒々しい変化」が訪れることを伝えていたのかもしれないなと思います。。

 

 

映画のことも少し触れると、映像の綺麗な独特な世界感の映画でした。

脚本の三島有紀子さんの作品は、いつも食べ物が美味しそうです。

人が変化していく様は、私には感じるものがありました。。 観て良かったです。

 

 

消えていたTVとDVDプレーヤーを動かすというメッセージの伝え方はあまりにも過激すぎなんで、これからはもう少し心臓に負担のかからない方法で、メッセージを頂けたら大変ありがたいです(笑)

 

次回へ続きます