読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

アセンションの症状? ~今までになかった変化その1

 ※追記あり

明日はホワイトデーなんですね。忘れていました(^▽^;)

ドキドキ一日を過ごされる方もいらっしゃるんでしょうね♡ いいなぁ(^^)

 

さてさて。ここ数年地球のアセンションが進行中と言われていますね。

今までに経験していない波動域に現在の地球の環境があるようです。

それは、地球に住む私達人間にとっても、初めての波動域の中に現在、在るということですよね。

 

近頃の夕焼けの色が、昔から見ていた夕焼けとは色が変わったような気がしませんか?

赤いというよりかは、ピンクのような薄紫のベールのような・・

そんな夕焼けをよく目にするようになりました。これまたキレイなんですよね~


f:id:mruru:20160314000353j:image

 

地球が今在る宇宙環境がやっぱり変わってきたんじゃない?とか、

難しい話でよくはわからないけど、フォトンベルトの影響かな?なんて、私は思ってしまいます(^^)

 

 

私も2014年から微妙に様々な変化が起こっています。不安になったり驚いたりしながら今も暮らしています。なかなか普通に友人に話せるってわけでもないですから(:_;)

そんな微妙な変化を不安に思いながらも、多くの方が私みたくそのままに過ごされていると思うんです。

時々拝見している 『~新しい扉の向こうへ~』 というブログに、「そう、それそれ!」と納得した記事を見つけたのでご紹介しておこうと思います。

アセンションの症状について書かれています。(2011年の過去記事も参考になりました)

http://blog.goo.ne.jp/jclkenta/e/b9e8402cfaa7fd75db547cae5ce332da

 

アセンションと関係あるなしに囚われず(笑)、私に起こった変化について、ここに記録していこうと思います。

 
 
 

最初に変化したのは夢の印象でした。

 
眠る時は顕在意識を離れているので、誰もが自由に無意識の世界へと旅をしていますね。私は元々夢をよく見る人なのですが、これから書く夢はいつも見るような夢ではなくて、リアルで体感を伴った夢でした。
 
 

 私は2013年に大きな気づきを得たあと、2014年の1月に光の玉・オーブを見て、その時「面白い一年になりそう~( *´艸`)」と思ったんですが、予感は的中。説明のできない不思議なことが色々と起き始めました。

でも自分にしかわからない“不思議”なので、誰かと共有できないし、話しても証拠がなくて信じてもらえなかったり(笑)  でもまぁ、それでも面白かったのです。
 
 

mruru.hatenablog.co

mruru.hatenablog.com

 

 

 2014年の2月。さっぽろ雪まつりプロジェクションマッピングを見ました。

それが宇宙的ですごく感動したんです!
そのプロジェクションマッピングの影響を大きく受けたんだと思いますが、その夜、宇宙を飛んでいる夢を見ました。
 
 
体全身に空気抵抗を浴びながら、超スピードで私は宇宙遊泳を楽しんでいます。
宇宙人でしょうか?誰かに「あれがシップですか?」なんて話しかけていて(^▽^;)、
目覚めても夢だったことのほうが不思議なくらい、リアルでした。
空気感や風を体感しながら夢を見たのは初めてで、本当に面白かったです♪
でも夫は「宇宙空間に風はないだろ??」って言いました。そっか?(笑)
 
 
改めて雪まつりプロジェクションマッピングの動画を探して見てみました。
それはインドの『イティマド・ウッダウラ』という建物の雪像に映し出した映像。
蓮の花や火の鳥、鍵のようなものと蛇が動き出す様子。
 
※追記
ここで私が書いた「鍵のようなもの」と書いたものについて。
正確には『時輪曼荼羅』(じりんまんだら・カーラチャクラマンダラ)と呼ばれるものでした。このマンダラの基となるのは『時輪タントラ』。
時の輪を意味するマンダラだったようです。
 
 
 
人間の一生というか、宇宙の仕組みというか・・今更ですけど、とっても意味あり気なんですよね・・。
 
もちろん当時の私は深く理解はしていませんでした。ただ、心奪われた!みたいな感じでしたね~
 
そして今回知ったんですが、プロジェクションマッピングのテーマが『輪廻転生』だったのです。私の当時のメモにも書いていなくて、見逃していたのか、気にも留めていなかったのか(^^ゞ 
 
 
 最近は次元の壁?のような不思議なシチュエーションの夢を見ることがあり・・、その夢の意図することを起きてから色々と考えたりしています。
今思うと、この「リアル宇宙の夢」を見る以前と以降とでは、見る夢のタイプが変わったと思うので、貴重な体験だったんだと思います。
  
 
 
興味のある方はこちらをどうぞ(^^)  


2014 さっぽろ雪まつり 「イティマド・ウッダウラ」プロジェクションマッピング