いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

パワーストーン


f:id:mruru:20160227120122j:image

写真はアメジストです。私はパワーストーンの原石の中に、キラっと光を見るのが大好き(*^-^*)  

光にかざして見つめたり、握ってツボ押ししたり(笑)  あ、怪我には注意ですよ。

 

パワーストーンはなりたい自分像がある時にパワーをもらいたくて持ってみたり、自分を保護するために持ったりすることが多いでしょうか。

 

私も子供と接するお仕事をしていた頃、仕事の時以外マザーオブパールのブレスレットをしていました。1年とたたない内に石が溶けたような、すり減ったような、ガリガリ、ザラザラに変わってしまったことがあります。

楽しく仕事をしていたつもりでしたが、すり減らしていたものは実際あったのかもしれないなと思いました。マザーオブパールはそれを補ってくれていたのかな、と思いました。

その経験もあって石は本当に私達にパワーをくれているんだなと思っています。

 

石を選ぶ時は直観で選ぶのがやっぱりいいかもしれないな、と思っています。
どの石と共鳴するか、人は自然とキャッチしているはずだと思います。
それが好みの石とは違っていた時迷うんですよ~
気になるんだけど、好みの色じゃないな とか(笑)
 
 
でもそうゆう感じで自分と共鳴した石は、やっぱりその時の自分には「意味ある石」なんだと最近気づいたんです。
 
 
 
ラピスラズリにピンと来た時、正直好みの石ではなかったので迷いに迷いました。結局ラピスのブレスレットを買ったのですが、そこから私に起きたことはいうと、不用な意識や価値観を手放すような流れが起き続け、大切にしてきた人間関係も一旦手放さなければならないという過酷な環境に置かれてしまいました。
 
ラピスラズリは目先の幸福を運ぶだけではなく、本人が成長できるように試練を与えることがある』
 
という話は本当だったんだ!と思いました。
現在その環境が私にとって様々な学びになっているので、私の成長の近道がその人間関係を1度手放すことだったんだと今だから思います。
 
 
この現象は私がラピスラズリを持つことによって起こったわけではないと思っています。でも、『石辞典などに載っているラピスラズリの作用のような出来事が起こりますよ』、と内なる自分、ガイドさんが伝えていたとは思うんです。
だから石屋さんでラピスラズリにアンテナが立ったんだと思うんです。
 
なので、特定の石にピンと来たときは、『この石が意味していることが次の課題かもしれないな』と理解することが大事なのかもしれません。
だから買わずに帰ってもOKなんじゃないかな(笑)
持っても持たなくても、その出来事は起こることに決まっているのかもしれないわけですから。
 
ただその石を実際に身につけると、その課題を乗り越える力になってくれたり守ってくれたりするのかもしれないですね。乗り越える最短ルートをその石が案内してくれるのかもしれません。
だからやっぱり持ちたいなと私は思ってしまうんですけど(*^-^*)
 
 
なんてことに最近気がついて、結構目から鱗でした(笑)
あくまでも個人の感覚の話ですが、そんなこともあるのかも~くらいに読んで頂けると嬉しいです(*^_^*)