いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

白石神社

今の季節の大通り公園は彩り鮮やかなお花で、とてもキレイです。木陰で憩う人が気持ちよさそうです。

f:id:mruru:20170719000401j:plain

 

この日は地下鉄東西線・南郷13丁目駅が最寄駅の 『白石神社』さんへ行きました。

駅から徒歩15分くらい、国道12号線方向へ歩きます。12号線沿いの大きな病院と同じ敷地にあるようです。 敷地の中に建つ案内板によると、明治4年に入植した旧仙台藩白石城片倉小十郎の元家来とその家族たちによって、開拓の守り神を祭るために作られたようです。御祭神は神武天皇です。

 

f:id:mruru:20170717191937j:plain

本殿正面の鳥居。鳥居は歩道横すぐにあります。悲しいかな 反対車線側の歩道へ行かなければ、鳥居全体を写せません。。 

 

拝殿でご挨拶。サッパリ、スッキリとした気を感じます。橿原神宮へ参拝した時の感覚と確かに同じです。「あー、この感じが神武天皇様なのだな」と学びます。参拝客にウエルカムな 軽やかな感覚でした。

 

左手には社務所、右手には下へと降りる階段があります。

階段の下には木々が茂り、湧水でできた池があります。池の周囲をぐるっと歩けるようになっていて、朱色の鳥居と橋が架かっています。何が祀られているのか今一わからなかった祠。ウィキペディアを見たところ、白石竜宮神社、不動明王祠だったようです。(写真は撮りませんでした)

 

白石伏見稲荷、白石弁天神社、四方之神遥拝所、などがあります。他にも私にはよくわからない神様?仏様?・・、沢山いらっしゃいます。


f:id:mruru:20170717174612j:image
f:id:mruru:20170717174630j:image

f:id:mruru:20170717192003j:plain

f:id:mruru:20170717192026j:plain

 

四方之神遥拝所というこちらには蛇が彫られた大きな石と白蛇様が祀られています。
f:id:mruru:20170719002751j:image

弁天様の眷属の白蛇様や、竜宮城・水の中の龍神様や海神を祀っているのでしょうか。竜宮神社の御祭神は豊玉姫命ですしね・・

 

f:id:mruru:20170717192113j:plain

池の周りをぐるっと回って階段を登るともう一つの鳥居へ出ます ↓

 

こちらの鳥居は歩道から若干下に立っています。ここからも拝殿へ行けます。

地下鉄側から歩くと最初に見る鳥居はこちらなので、私はこちらからお参りしました。

f:id:mruru:20170717191904j:plain


帰り道、ギラギラとした太陽に照らされ 半分意識が飛んでいたかもしれません 笑  

その無意識な私の心が「幸せ」と言いました。「?? 幸せなんだ~私・・」とピンとこない私でしたが、また一つ 魂の行きたかった場所へと一緒に行けたようです。

だとしたら私、とても嬉しいです☆

 

厚別(あしりべつ)神社

ここ数日の涼しさで体も休まりました。ホッ・・。

真夏の暑さがグーんと涼しくなったものだから、体感的には「お盆を過ぎたかしら?」なんて、1ヶ月、感覚がズレちゃった 笑   いやはや まだ7月でしたね(^^)

 

外に出るたびにソフトクリームの誘惑に負けてしまう~ やばい。

先日は清田区にある『自然満喫クラブ』さんへ行きました。いちごパフェ😍 美味しかった🎵  農家さんで採れた甘酸っぱいいちごがゴロゴロと入っています。固めのしっかりしたソフトクリームが山盛でした☆


f:id:mruru:20170717171751j:image

看板に偽りなし♥

f:id:mruru:20170717191818j:plain

どどーんとたっぷり♥

 

市内の神社さんに行きました。 

清田区にある厚別神社と書いて「あしりべつ」神社さん。

御祭神は天照大神大山祇神倉稲魂命

 

私「ちょっとバスで神社行ってくる」

父「乗せてくか?」 

母「車出すならスーパーに行きたいの。帰りに寄って」笑 と、あれよあれよという間に 両親と参拝することになっていました。

 

厚別神社は私の実家がご縁を頂いている神社で、これまでも度々参拝しています。結婚してから行く機会も減りましたが、久々に行くと感じるものが違いました。    

この数年 私は心身共に随分と変わったし、日頃の浄化も より私を繊細にしてくれています。肌感覚として、優しいエネルギーに満ちた神社だと思いました。神様の大きな懐を感じます。

 

近所の保育園の子どもたちが、よく整えられた芝の上で楽しそうに遊んでいました。風がスーッと抜けて気持ちが良いのです🎵  

穏やかで優しい整った『気』。 「ここ めちゃくちゃ好きだわ!」と一人はしゃぐ私。 なんなんだ、私のこのテンション 笑

 

御朱印を頂きおみくじを引くと、母は人生初の大吉☆ そして私は、その母と全く同じ文言の 同じ大吉を引きました。 

これが神様のメッセージ。そのおみくじの言葉は私の中の“ある"ことの答え合わせとなり、「親子でここへ参拝すること」そのものが"答え"でした。

父も母もたまたま参拝したつもりだと思いますが、この日を境に父にも母にも嬉しい変化が起こりました。厚別神社さんのご加護は三人に与えられました。やっぱりたまたまではなく『必然』の参拝でした。

 


f:id:mruru:20170717173837j:image

こちらの鳥居は旧国道に面していて、階段を登った高台にあります。車で参拝する時は、こちらの鳥居の前を通りすぎ 少し走ると坂道があります。そこから入ります。

高い建物もない昔は、こちらからの眺めが素晴らしかったそうです。


f:id:mruru:20170718235237j:image
車はこの写真の鳥居の前を通りすぎ 、広い駐車場へ。


f:id:mruru:20170717173859j:image


f:id:mruru:20170718235853j:image

水は自分で元栓を開けます。龍神さんから勢いよく出た清らかなお水で 祓い清めます。とても綺麗に整備され 清潔に保たれた手水舎です。


f:id:mruru:20170717173917j:image

 

私はここの神社さんとても相性が良いので好きです。優しい『気』で調整してくれました。

疲れていた体も帰る頃には嘘のように元気になっていました。行ってすぐに体調を調整してくれた神社さんは、たぶんこちらが初めてです。

自宅からは少し遠いけど これからも度々行きたいと思います(^^) 今度はレジャーシートとお茶を持って 神様とゆっくりお喋りをしに行きたいな。 

 

日頃から私達家族は 神様から有り難いご縁を頂戴していたことを 改めて認識する参拝となりました。改めて気づけたことに感謝します・・

ありがとうございました。

 

守ろうとするあまりに起きた珍騒動

先日お友達とイベントの参加のついでに旅行をした時不思議なことがありました。備忘録として今日はその話を書いておこうと思います。 

ちょっと人によっては怖いと思われる話も入りますので、気が向かない人はここで終わってくださいね。ご訪問ありがとうございました。 

mruru.hatenablog.com

 

 

 

 

 

旅行出発の3日前くらいでしょうか、ご当地の美味しいものや行きたい場所などをインターネットで調べていたのですが、ホテルを軸に行動するので、検索の所にホテル名を入力しました。すると

“〇〇〇ホテル(←泊まるホテル) 幽霊”  というワードが上から4つ目くらいに出てきました。

ヒットした記事を読んでもそのホテルの名前は全く出てはいなく、不信に思っていました。その日から度々検索するものの泊まるホテルの良くない記事など見つけられず、もう無視しよう!そう思って眠った出発前々日でした。

翌朝(出発前日)の朝の4時頃です。眠りからいきなりパチッと目が覚めたと同時に、「予約確認をしなきゃいけない!」と思っている私がいます。私の意識にはその瞬間まで予約確認をしようなんて思いは1ミリもありません。寸前まで眠っていたはずで・・何せまだ4時です。

 

実は、私は後からこの旅の参加を決めたので、飛行機もお宿も皆と同じものを後から「自分で予約してね」と言われ、そうしたのです。今回の旅は私を含め友人・知人との3名の旅でした。知人が宿を2人分予約し、その予約確定画面を友人経由で送ってもらい、それを見て私は同じ宿を予約したのでした。

 

目覚めてすぐに宿名と日にちに間違いがないかを再確認しました。・・が!二度見してしまいました。送られていた予約確定画面にはすでに3名分の予約の確定が示され、私のとった+1で4名の予約が確定していることになっています。確かに2名だったはずなのに何故なんだ・・

 朝の6時をまわった所でホテルに事実確認の電話。やはり1名多い!

「もしかして同行者が一人増えたのかもしれないし」と、7時を過ぎて友人に確認LINEをしました。予約した知人に確認してもらったところ、3名の旅に変わりはなく、「〇〇ちゃん(私)の分も予約しておいたんだって♡」 との返事が帰ってきました。

ダブルブッキングでした( ;∀;) 私の方の予約を取り消しましたが、気づかずにいたら、私 一人で数万円支払うことになっていました !いやぁ~ 危なかった。

 

それにしても 、一人分が “幽霊” 状態でした 笑  何度も何度も検索場所に出てきた“幽霊”はこのことだったみたい! だったらもう出ないのではと思い前日までと同様に“〇〇〇ホテル”と検索をかけたら、もう“幽霊”とは出てきませんでした。 いやいや~参った 笑

 

これはおそらく、私の守護さんが 一人分多く予約が入っていると私に知らせていました。自分の泊まるホテルに幽霊が出るとなれば、怖がりな私は考え巡らせ、ホテルを変更しようとして予約確認をするだろうと思ったのだと思います。でも思いの他この幽霊騒動を無視しよう!としたので、眠りの中で「予約確認しなさい!」と残したのでしょう  笑 可愛いですね~守護の皆さん♡

パソコンなど電化製品は、その時の自分の波動の状態をよくキャッチするような気がします。その時の自分に必要な情報が、検索ワードの上位に上がってくることは薄々気づいてました。なので「あの時見たホームページを再検索しよう」としても 二度と見ることができない、なんてことがよくあります。キャッチしやすい電化製品を使って、守護さんがメッセージを伝えてきているということなんだと思います。

普段から機器を通してメッセージがくることが多く 不思議に思っていたので、アシュタールのセッションの時質問してみました。すると『そうゆうことはよくある』『あなたは宇宙船を持っています。そこであなたに必要な情報を伝えている』と言われました。実は以前からヒーラーさんに言われていたのですが、アチューメントの時に私の頭に『つばのある麦わら帽子のような宇宙船が被さっている』と言われ驚愕したことがあったんです。なるほど~と唸ってしまいました 笑

宇宙船かどうかは別として、機器を通して知らせてくるのは私に限ったことではありません。肉体を持って生きている私達1人ひとりが守護さんと本来は繋がっています。ただ忘れているのです。 だから色々な方法で繋がっていることを「思い出して!」「気がついて!」「この記事読んでみて、何か感じない?」と一生懸命伝えているのです。

守護さん達ガイドと繋がって生きるととても生きやすくなります。かわいい守護する「我が子」の道しるべになりたいと、何とか繋がりを再構築しようとしてくれています。目的を持ってこの世に生まれ出た「その子」が、無事に目的を果たして大本に帰れるようにと、案ずる親心のような愛情がそこにはあります。有り難くて感謝しかありません。 

 

ホテルでは真夜中のまだ暗い時間に、頭上を通過した「たばこの匂い」で目が覚めました。一瞬の匂いに気がつきました。もちろん禁煙のお部屋です。昔に比べると感覚が良くなっているのでしかたがないですね。でも何も見たり聞いたりすることはありません。護ってもらっていました。 

私はとても冷静で、枕元に置いた浄化スプレーを部屋に撒き、頭から布団をかぶって般若心経を唱えました。そのまま眠ったようで、目覚めたらスッキリしていました。 

敏感になるのは悪い事だけではないですね。今回のように察知して対処できるようになったのですから、成長したなと思います。気づかずにそのまま放置していたら、訳もわからず体が重い朝を迎えていたかもしれません。

 

行く前から余計ないらぬ心配をしたので 笑、意識しすぎた私が呼んでしまったのかもしれません(;_;) それとも錯覚かもしれない。それは何ともわからない世界のお話です 笑  

守護の皆さんが私を守りたいあまりに起こった、とんだ“幽霊”騒動のお話でした。

 

龍神さんの祓い清めるお力に感謝
f:id:mruru:20170709143619j:image
  

九州の大雨による被害は甚大なものとなっています。お亡くなりになった皆様のご冥福を祈るとともに、被災した全ての皆様が1日も早く日常を取り戻せるように、心からお祈りいたします。

 

私が最近みた夢は、『友人と山登りをする時に、自分のテーマソングを藤井フミヤの「TRUE LOVE」にしたんだけど、止めて、岡本真夜の「tomorrow」を選曲しなおした』という、わかるようなわからない、ちょっと変わった夢でした 笑

それからというもの、寝ても覚めてもその歌がループしています。泣いてしまった時にはすーっとこの歌が心や頭の中に流れてきます。

すると「ああ、大丈夫なんだ。きっと大丈夫」そう思えるようになるから不思議です。

きっとこの歌は、今、色々な思いを経験している自分への応援歌なんだと思います。守護の皆からの励ましだと思います。

 

私が今流している涙は、今までの涙とは何かが違う気がしました。きっと、誰のために流す涙なのかによって、もたらされる恩恵は違うものになるのかもしれません。

だから人は人生で色んな経験をするのだと思います。沢山の輪廻転生を越えてまでも様々な経験をしたいのは何故なのか。それは苦しかった、悲しかった、嬉しかった分だけ、経験は自分を育ててくれることを知っているから。きっと自らが望んで経験を重ねているのだと思います。

 

「自分のために」流した絶望の涙、悔し涙、切ない涙、嬉し涙。それは流した涙の分だけ自分の優しさを育ててくれる。優しい心と視点を持つ人へと育ててくれます。

「人を思い」流した愛しさの涙、淋しい涙、悲しみの涙、どうすることもできない苦しい涙、自分の無力さに打ちのめされた涙。それは流した涙の分だけ、強くしなやかな心へと成長させてくれる。

強さは優しさ、柔軟な心は強靭な心。表裏一体となって、涙は人を何倍にも成長させてくれます。

 

流した涙は自分の栄養の絞りかす。辛い状況を恐れず、何を心が感じるのか、ありのままの感情を受け止めようと思います。私の心を育ててくれた涙に感謝をしながら。


f:id:mruru:20170708101002j:image

行けなくてもご縁を頂けた三峯神社さん

最近は 先日までの体の疲れがなかなか取れず 、やむなく横になっていることが多かったです。スーっと眠りに落ちそうな脳内に、『この度は魂の旅 たいへんお疲れ様でした』と言葉をもらい、誰かが頭をなでなで と優しく撫でてくれている感覚がありました。

嬉しかったです。  腎臓病を患うと体がダルくて重いことが多いので ひと休みが多くなります。周囲の目にはただ怠けているようにしか写らないのでは?と思ってしまい、正直に「疲れたので横になりたい」とは言いにくく、例え一人でいても「横になりなさい」と自分に許可しにくい自分がいまだいます。

私は「ありがとう、休んでいいんだね。眠っていいんだね・・」と心がホロホロとほどけていき、深ーく眠りました。  

f:id:mruru:20170703155830j:plain

 

体調も戻ったので、先日は三峯神社を目指し秩父へとドライブしました。

当日明け方、半分意識が落ちている頭に『1日  御守り』と感じます。そう、その日は7月1日土曜日です。

私は「あー、知ってる。白い御守りのことね。そっか、今日は配布の日なんだ。でも 私はそれいらないから 買わないよ。ただご挨拶しに行くだけだから」と脳内で答えました。

そして向かうこと数時間、道路脇の大きな鳥居を横目にドキドキ💓 しばらくすると 空気が変わり、神域に入ったのだなと思いました。すると突然山の中に大渋滞が発生! スゴいこととなってます!カーナビではまだまだ目的地は先だと言うのに・・

『あー!朝のアドバイスはこれか!』ととっさに感じた私は夫に朝の話を伝え、夫は迷うことなく前方の路肩でUターンしました。判断を誤るととんでもないことになりそうな予感がする、らしい 笑

 

御守りを求める列を横目にご挨拶だけ と思っていましたが、いやいや 神社はおろか駐車場にさえも近づくことができないとは!三峯神社さん 人気あるのですね。

大きな神社は、最近どこも沢山の参拝客がいらっしゃるなと思います。神様に心が向くというのは、アセンションの時代とか、輪廻転生が終わるとか、そんな大切なこの時代にむかって、目覚めた方だったり、まさに困難に立ち向かい今目覚めようとされている方も多いということなのかもしれません。

御守りを無事に持ち帰ることができた人も、行くのをやめた人も、色んな思いで足が向く それは私も同じですが、一人一人が幸せならばそれが何よりだなと思います。

 

秩父ではお蕎麦を頂き、お蕎麦屋の女将さんと立ち話をし、かわいい折り紙に入った爪楊枝を頂きました。そこには三峯神社さんの真っ白い御守りの写真が♥

f:id:mruru:20170703155515j:plain

手にするつもりがなかったあのお守りをこうして頂き、もう、十分すぎるほど私は幸せで一杯になってしまいました。  三峯神社さん、女将さん、ご縁を頂けたこと、心から感謝いたします。ありがとうございました。

三峯神社さんに また機会があればゆっくりと伺おうと思います。 1日ではない日に 笑

魂の旅

お友達とあるイベントに参加しました。少しだけ遠出してお伊勢さんや熱田神宮、京都などへ行って参りました。

腎臓の悪い私はたまに浮腫むのですが、過去 おそらく三本の指に入るほどの浮腫が出てしまいました。このところの疲れがドッと出ました。翌日は横になって安静に過ごしました。何回もトイレに行き、疲れも取れ、浮腫みもほぼ引きホッとしました。


f:id:mruru:20170627175903j:image
梅雨の中の本州でしたが、やっぱりお天気には恵まれました。有難いです。  彩雲も出て、雲が綺麗に光ります。歓迎を受けているなーと思いました。


f:id:mruru:20170627172803j:image
お伊勢さんには二度目でしたが、一度目では気づかなかった池を内宮に見つけました。あまり綺麗な池ではないのですが、鯉が泳ぎ、水面が光を受けてキラキラと輝いていました。とても綺麗な空間でした。


f:id:mruru:20170627173652j:image

熱田神宮で驚いたのは、境内の木に草が生えていること!苔が生えた木は度々見ますが、草がワサワサと普通のことのように生えています 笑    天空に伸びる草の生えた木が、龍の鱗と龍に見えました。

こころの小径を歩きました。一之御前神社では沢山の蝶々の歓迎を受けたのですが、鳥取でうかがった瀬織津姫様を祀る神社でも、蝶々が迎えてくれたことを思い出しました。

柵に足を入れたら瞬間、友人と「なんだ?ここ」と二人で足を止めました。今歩いてきた小径とは空気が違っていて、胸に圧を感じ まるで異空間でした。

 

京都では、おそらく自分の魂の一端であるお方が坐像としておられる場所に行ってきました。導かれている時はよく動物や昆虫なんかが現れますが、その場所へと続く曲がり角では鳩が先導し笑 、帰り道でも鳩が現れ見送ってくれました。

坐像の前に立った私の体が微振動し、魂がとても喜び、胸がじわーっと温かくなりました。坐像からも喜びの言葉が伝わり、ここは他の何処にもない唯一の『我が家』なのだ、と伝わります。心が喜びで一杯でした。

心を、魂を、その大切な場所に連れていくことができて本当によかったです。この「身」の役割を少し果たせたようで私は何より嬉しく、これからも自分の中の縁ある魂達と一緒に、色んな縁ある場所に連れて行ってあげたいと思います。

 

帰り道は新幹線で、とっても幻想的な富士山を拝むことができました。

私の魂の一端のその存在が、遠い昔 この景色を山道を歩きながら、川を渡りながら、海沿いを歩きながら、どんな思いで見たのだろうと思うと感無量になります。 素晴らしく完璧な魂の旅になりました。


f:id:mruru:20170627175126j:image



小林麻央ちゃん ありがとう

麻央ちゃんが闘病の末、お亡くなりになりました。

同じ病と闘っていた麻央ちゃんは、命尽きるまで精一杯生きることの尊さを私に教えてくれました。麻央ちゃんのブログから伝わるその姿勢に、沢山のギフトを与えていただきました。

報道から1日たった今、やっとこうして言葉にしていますが、さみしい、悲しい、その思いは私の中でまだまだ継続中なのだな、とかえって実感します。

 

麻央ちゃんが旅立たれたのだと海老蔵さんのブログで感じたとき、その時、心が一瞬止まったような気がしました。

ぼんやりと視覚に入る私の日常の景色や、ネットでは芸能人にお子様が誕生したとか、私の心のすぐ脇をそれらが流れて行くような感覚。取り残されたような感覚。

生をなくすもの誕生するもの、食事し生を繋げている私も、この世は常に様々が混在しているという当たり前のことが、時に非情ささえ感じることに心が動揺しました。

生老病死、人生は苦しみでできている。逃げても逃げ切れない、ならば精一杯の姿を自分の魂に残したいと、私も強く思いました。

 

大切な人をなくしたご主人、幼い子どもさん、麻耶ちゃん、ご家族を思うととても苦しいです。麻央ちゃんを心に感じながら、輝く未来を麻央ちゃんと共に過ごされることを、心からお祈りしています。

 

麻央ちゃん、おつかれさまでした。

麻央ちゃん 大好きでした。あなたの笑顔を忘れません。ありがとう。

ご冥福をお祈りいたします。