いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

苦しみのない心と心の向き合い方

昨日はグレー色の梅雨空だけど暖かくて

グレー色の空は寒いと決め込んでいた体が、ビックリしていました 笑

 

昨日もワンコと歩いていると、急に風が吹いて

その風に乗って甘くて優しい綺麗な花の香りがやってきました。

この芳しい香りは何処から?

胸踊って香りの先を探してみたけど、それらしい花々は見つからず。

どこかの手入れの行き届いた御宅のお庭からかしらね…

そんなことを思う心に 神風 とおちてきました。

 

 

f:id:mruru:20180629233144j:plain

 

 

ワンコがめでたく16歳になりました。

闘病も一年を越え、 介護へとゆっくりスライドしている日々は、相手が犬であれ やはり介護は簡単なものではないことを痛感します。

  

 私とワンコの介護生活は 私の守護神さん達の協力で成り立っています 笑

夜寝る時、お風呂やトイレで離れる時には、守護さん達に

「ワンコに異変が起きたら起こしてね」「いない間ワンコのお守り頼むよ」

とお願いしています。

 すると ちゃんと見守ってくれているし 起こしてくれます。

 

何度も起きるので眠りがいつも浅く、寝ても寝ても眠い毎日です。

お風呂で異変を察知し"ピン"ときて ダッシュで戻ると、ヨロヨロとトイレで歩きまわるワンコがいたり、フローリングに出てしまい戻れなくなって固まっていたりするのも、今では日常となりました。

 

 シンドイけど 頑張れるのはこのコが愛しいから、と踏ん張った数ヶ月。

いやいや、愛しさだけでは頑張れないって! ここは我慢💦、と踏ん張った数ヶ月。

我慢も限界…これ以上は耐えられない💦 堪え忍ぶしかない、と踏ん張った数ヶ月。

もはや修行だ、これは修行なんだ!、と淡々と粛々と過ごす数ヶ月。

 

 

f:id:mruru:20180629233304j:plain

 

 

 今は人生で耐える時なんだと理解したら内観が進みました。

するとお互いが『一つの源』から生まれた者同志だ というごく当たり前のことに気がつき、腑に落ち、私は涙しながら自然な思いで 全てに”ごめんね”と言っていました。

 

ワンコに「対」する時、自分に「対」する時と同じ感覚を持って接っしているのに気がつきます。このコならどうして欲しいかを考えるより、するべきとしてするより、私ならこうして欲しいからそうしてみようと、気づかぬうちに思考回路が変化しています。

腑に落ちるということは こうゆう大きな変化が起こるということ。自分の中で化学変化が起きてしまったような、そんな驚きがあります。

うまく言えないけど、私とワンコの周囲には 大きな柔らかいエネルギーが流れているのがわかるんです。

 

 
f:id:mruru:20180630151703j:image

 

 

 心と心の向き合い方が、本質的に、根本的に、違っていました。

人として とても当たり前な愛しいという感覚や、飼い主としての責任、

というそれら「人を動かすエネルギー」さえもエゴだったんだなぁ…

 

根本を解決したければ(心から苦しみをなくすには)、エゴが混じってはいけないということなんだね。

エゴはいつか苦しくなってしまうんだから。

  

 

f:id:mruru:20180630152135j:plain

 

 

 本来 身動きとれないと苦しくなってしまう"風性質"な私なんだけど、そんな自分にとっての苦しさの中に立ったから本質が見えたわけで…

そうやって本質が見えた時、人は救われるんだと思う。

 

 

自分以外の生命と関わるということは 多くのことを教えられます。

人はどんな時でも、どんな場所でも心を成長させることができる…

 

 私の心に苦しみはないので、これからの時間は感謝と慈しむ心でワンコと過ごしていけるんじゃないかな。

うん。

たぶん、きっと、そうなんだろうと思える現在です。

 

 

自然の中の神々

最後の更新から随分経ちました。

季節もすっかり変わり、北海道にも綺麗な花の色が溢れています。

ついつい写真を撮ってしまう(^^)

 

f:id:mruru:20180528193050j:plain

 

 昨年末 明け方にみた鮮明な夢で、神様のお言葉を頂き御心に触れました。

私は目覚めてすぐにPCに向かい 神棚を少し大きいものに買い替えました。そして、なんとなく祝詞を奏上するようになりました。

 毎日 同じリズムで、同じように祝詞を奏上しているはずなのに、口から出る詞が 口の中で反響しているのを感じることがあります。

その「響き」は私の内側にも広がり 心が振動し、涙が止まらなくなります。

 

f:id:mruru:20180528152149j:plain

 

 「自然崇拝」という古くからの日本の信仰心があります。

頭では理解できているのに 何かモヤっとしている。

自然崇拝という信仰心が 自分の中に育っていない事を、私は何となくわかっていました。

 

f:id:mruru:20180528152000j:plain

 

愛犬と通院した暖かな日差しの日

体を吹き抜けていく風の音やその力、風が揺らす木の葉の乾いた音や鳥のさえずり‥

足を止め 目を閉じると、緑の森に私一人が立っているみたい。

私の耳が真空状態?のような 

自然の奏でる音とその感覚が大音量で反響し、私を取り囲みました。

 

その時、日本人が大切にしてきた自然崇拝というものに 心が触れました。

いつも 神域の中に生きている有難さの体感でした。

 

f:id:mruru:20180528112215j:plain

 

今の私には神社に詣でる時間はありませんが、どこにいても十分なエネルギーで満たして戴いています。

 昨日まで得られなかった幸福が今日からは得られるという不思議。

「心の不思議」

今日も 自分を幸せにできたな、元気に過ごせたなぁ、と 心は満たされています。

 

 

タモキシフェンの副作用!?

今日は久しぶりに乳ガンの記事になります。

 

乳ガンのホルモン療法のタモキシフェンの影響で、「子宮体癌」になる可能性が高まると言われています。閉経状態が続くことにより、子宮内膜が厚くなるためです。

実は先日、少し出血がありました。ほんとにビックリしました!

あわてて病院に行ったのですが、 検査の結果、私の内膜も少し厚くなっていることがわかりました。そのまま体癌の精密検査をし、その後 2週間の結果待ちの時間の長いこと!  これは何かの修行か (ー_ー)!! と思いましたよ‥  

 

結果は体癌ではありませんでした。ひとまずホッとしました。

3月は、思えば冗談抜きで ちょっとした修行のようでした。修行というか、実地試験みたい?笑  

これまで学んだ精神世界から取捨選択し、必要なものを現実世界に落とし込み生きて行くステージです。精神世界で生きて行くのではない、あくまでもこの地に足をつけて生きて行くための精神世界。それは表と裏、まさしく背中合わせ。

この結果待ちの時間は、内側の意識に集中し 沸いてくる感情にラベリングをして観察し、自分の中心を見失わないように努めました。すると「癌かもしれない」と落ち込んでも長続きせず、癌になってしまった未来を妄想して恐怖がムクムクと湧き上がっても、やはり長続きはしません。そうやっていると、魂が微動しながら鎮まり、中心に納まっているのを毎日感じられるのです。

 不思議なことに、私の心は この2週間とてつもない幸福感に包まれていました。

自分の内側との繋がりが強くなっているので 常に充電されていたし、内側の存在はいつも護ってくれました。不安が起こる前に様々の方法で導いてくれました。

そうやってハイテンションで明るい私に、周囲の方が引いていたかもしれない 笑 仕方がないです、パワーが溢れていたから。

その反動ですね、結果がわかってからは 時間が許せば眠てばかりいます 笑 思った以上にパワーを使っていたんですね。 

 

乳ガン治療に効果が認められているタモキシフェンですが、やはり薬というのは怖いものだと実感します。乳ガンの癌細胞の増殖を抑えてはくれても、新たな癌を作るのなら、それは「治療」と言えるのだろうか? 治療する「意味」なんてあるのだろうか?と改めて考えてしまいました。

 でもその問いに私の内側が出した答えは『バランス』でした。『どちらか一方に偏るな』と内側から湧いてきます。

乳ガンの治療と子宮体癌にならないための対策、どちらも大切。気持ちも行動も、常に真ん中で・中庸で・ニュートラルに。そうキープして生活することが重要なのだと、学びました。

残り2年の治療期間の過ごし方は、免疫力を補うサプリメントを摂って、より慎重に経過観察をしていくなど、心体どちらも偏らないことを『意図して』生きる、それがとても大切になってくると思います。

検査の度にハラハラするとは思いますが、まぁ、やるしかないな、と思います。

 

もしも乳ガンでタモキシフェンを使っているようなら、定期検査はとても大切です。

また、出血とか下腹部痛など 変化を感じたら、躊躇うことなく病院へ行きましょう。変わりない明日を過ごすために、定期検査を積極的に受けて頂きたいなと思います。

 

”今 ”を生きている

体調が悪化していた我が家のワンコですが、なんとか持ち直しました。  元気に歩き回るワンコを見ることが嬉しく、私もやっと一息つくことができています。

 

一時、動くのは前足だけになり、後ろ足は伸びきってしまいました。

後ろ足を引きずるように歩き、介助なしではとても水飲みにも トイレも行けませんでしたので、このまま寝たきりになるのかな‥と心配していましたが、時同じくして購入した超優れモノのマットに一週間、夜間 私とワンコは眠っただけなのですが、なんと、再び後ろ足がしっかりと立つようになったのです!

奇跡はそれだけではありません。

マットに眠った初日の明け方、眠っている私の頭の周りを楽しそうに駆け回っているワンコを感じました。そして、とても美味しそうにドッグフードを食べているんです! 

ビックリして目を覚ましましたが、ワンコは隣でスヤスヤと眠っていました 笑    これは夢か幻?? 笑  とても不思議な映像でした。

 

その朝「あの映像のようにドッグフードを食べてくれるかもしれない」と思い、久しぶりに朝食に療法食を出してみると、前日まで食べてくれなかった療法食を 再び食べ始めたのでした!  

あの映像はお告げだったのかも(≧▽≦) と私はひとり 奇跡に感動しました 。    不思議なことはあるものですね~。

 

 ドッグフードを食べなくなり、おやつも食べなくなり、頑張って作った手作りご飯も 食べてくれない。

たとえ食べてくれても、今食べた物を次も食べる保証はなく、食べなければ 模索は食べてくれるまで永遠に続く・・。腎臓病が進むと偏食が進むと聞いていましたが、これほどまでか‥と 今も私はワンコの食べ物探しに 大変苦労しています。

動物病院の先生が、私が「美味しい」と思う物をワンコに「食べてみる?美味しいよ」と ”一緒に食べること”  を勧めてくれました。もちろん最低限の食べてはいけない食品はありますが、「胃腸を動かすことが先決」と道を広げてくれたのが幸いしました。

フード類を食べなくても 何かしら食べさせ続けることができたので、有難くも うちのコは今に命が繋がっています。

 

 小型犬とはいえ 寝ずに介護する日が続くと こちらの体力・気力共に辛く、考えないようにしても心が弱くなり、ついつい先の見えない未来を考えてしまうこともあります。でも

「今の私は 今日1日だけをしっかり介護すればいい」  「明日は ”明日の私”に任せればいい」

と思うようになり、気づくといつしか「今、ここ」の”一点”を生きている自分がいました。

 

過去記事にも書いていましたね‥笑  

mruru.hatenablog.com

 

これまで過去へ未来へ フラフラと揺れることが多かった自分が、「今」に着地して「今」を生きています。

グラウディングというより、肉体と魂のホールド感が半端ない。きっとこれが「鎮魂」というものなのかな、と思いました。(鎮魂については、過去記事『月寒神社を参拝して 日本の平和を思いました』に書いています。よろしければご覧ください)

 今日はこれまでの食について 備忘録を残します。

 

 

☆療法食☆

エテルノのデイリースタイル「腎臓サポート」

獣医師が作ったフード。特徴は、国内製造、ヒューマングレードレベルの食品使用、無添加、遺伝子組み換え食品不使用、低リン、低タンパク質、ピュアオイル使用、丹後産生鹿肉使用、鹿肉を麹で熟成、クマザサ配合、余分な窒素有害物質を吸着できるよう米糠を焙煎したものを配合 等

療法食はこちらと病院で購入するロイヤルカナンの腎臓サポートを常備。実際のこちらのフードは、黒っぽいグレー色の ひき肉を乾燥したような形。お湯で(水でも)素早くふやけるので、スプーンの背でサクサク潰し ペーストにします。フードの硬さを体調に合わせて変えることができて、老犬には万能のフードと感じます。お湯でふやけて立ち上る香りがうちのコには好みだったようです。甘くて香ばしい香りです。

 国産・無添加の鹿肉(ベニソン)ドッグフード、犬用療法食の通販なら獣医師・宿南章の愛情ごはん食事療法食

 

☆体調が悪い時でも食べたもの☆

あくまでもうちのコが対象です。飼い主の責任のもと食べさせたものです。 人間の食べ物なので甘味も塩味も強いですが、うちのコも ひとしきりそれらを食べ続けたら 急に食べなくなり、療法食を食べ始めました。人同様 ワンコもおやつは飽きがくるのが早いのかもしれません。

白くま(アイス)、ハーゲンダッツ(アイス・バニラ)、ヨーグルト、甘酒、コンデンスミルク、りんご、バナナ、さつまいも、どら焼きの皮、カステラ、Porte Rougeのひとくちクッキー(バニラ)、Porte Rougeのふたくちーず、雪の宿(おせんべい)、鱈の竜田揚げ、鮭のソテー(皮と身の間の一部分のみ)、牛肉と豆腐のハンバーグ、じゃがいものチップス、納豆ごはん

 

解ったことは、比較的癖のある匂いのものを好み、特に発酵バターの香りとバニラの香りが好きみたい。豆乳やトマトのスープ・お味噌汁・おかゆ系は、飽きが早く継続しなかった。どら焼きとカステラは食べるが、ホットケーキは食べない。

『Porte Rouge』 は私が好きなケーキ屋さん。ワンコ関係なく(笑) どれも素朴で美味しいのでおススメです。 その日もお友達の訪問に備えお茶菓子用にクッキーを購入したのが、ワンコの食のツボにハマりました (*^^*)   サクサク食感。成分は小麦粉・発酵バター・卵黄・砂糖・塩・バニラ

札幌 円山 赤い扉のケーキショップ Porte Rouge(ポルトルージュ)

青く光る月

ブログの更新が滞ってしまいました。もう2月なんて!‥ _| ̄|○ 

愛犬の腎臓も緩やかに悪化していて、病院と自宅を行ったり来たり。試行錯誤の子育てのような毎日を送っています。でもさすがに放置しすぎなので慌てて更新 笑

 

昨夜の天体ショー、お天気にも恵まれ札幌の夜空でも見ることが出来ました。

ブルームーンでブラッドムーンという珍しい皆既月食月食中の月は、ちょっと遠く、小さく見えたように思います。明け方山のほうに沈みゆく月は、とても大きくパンパンに膨らみ、とても近く見えました。一生に一度見れるか、という皆既月食だったそうです。写真を撮り忘れてガッカリ。

 

月食の前日、不思議な夢を見ました。

崖の上のポニョ」の世界のような夢。月が目の前に迫り、海が膨らみ、家が海に浮いていました。その夜空にはロボット型の宇宙船が飛んでいて、海に潜った街を見に来ていたのか?助けにきていたのか?笑

夢の中で『ルナー ルナー ルナー』と3回聞こえて目が覚めました。

月を見ろといっているんだなと、眠くてフラフラしながら窓から見ると、少し欠けた月食前日のお月様が輝いていました。ブルームーンというのは月に2回満月がある その2回目を指して言うのだそうですが、名前の通り、青く輝くお月様でした。

 

f:id:mruru:20180201114728j:plain

 

満月の1日前、黄金に輝く満月ではなく青く光るお月様を見ることに 意味があるんだろうな。何を伝えたいのか?どんな意味があるのか?考えていました。 少なくても私に必要だったのは「満ちる前」というメッセージ ‥

「もう少しで満ちる」「満ちる前に」 「あと一歩手前」 「浄化」「手放し」 「満ちたらあとは欠けてゆく」 「ブルー=シリウス」 ・・ 

 

波動を整えてくれるもの

新年あけましておめでとうございます。

私は今年も昨年同様、武道館で行われた藤井フミヤ の『カウントダウンパーティー』で年を明けました。行けなくなりそうな予感がありながらも 何とか何事もなくその場にいれたことに、天に、家族に、感謝しながら楽しみました。


f:id:mruru:20180108135503j:image

 

学生時代に田舎から札幌へ 友人と一泊二日のチェッカーズのコンサート旅行へ行ったことを思い出します。楽しかった思い出が詰まっている当時のように、体が音楽に合わせて自然と動く、自然と懐かしい詩を口づさむ、自然と心が開かれて軽くなる~☆そんな時間を体験しました。 

大人になると、楽しいことをただ純粋に楽しむということがしにくくなります。何故でしょうね‥。一つ年をとる度に一つ心を縛るものが増えて行くような そんな人生の中にあって、コンサートは有難い波動調整のような時間だったなぁ♡と思います (*^^*)  アリーナ席で身も心も思いのままに弾む時間を過ごし、昨年の自分よりもっと軽くなる術を身につけた気がします。そのまんま、弾むままでいいんだな と思いました。

自分の中の宝物を思い出してみると、それは波動を上向きに整えてくれる「もの」や「時間」だと気づくと思います♪ 誰もが持っている術です。 ナチュラルにニュートラルに、解放した心に自分を描いていこう! 

 

2018年最初の夢は、そんなカウントダウンの後の眠りの中でした。それは不思議だけどちょっぴり神懸っていて とてもいい夢でした♡ 皆さまはどんな初夢をみられたでしょう☆

では、本年も どうぞよろしくお願いいたします。

2017年も もうすぐ終わります

冬至からのエネルギーはとっても大きく感じました。おでこが痛い痛い 笑   曇り空も日の光をキャッチして、眩しくて目が開けられませんでした。 すでに新年のエネルギーが地球に届いているのかもしれませんね。

 

今年もたくさんの不思議な経験をしました。よりハッキリとクッキリと受けとっていたような気がします。

パワーストーンを介してご縁を頂いたお客様とのワクワク☆ の連鎖も素晴らしかったです。喜びの声を頂戴しとても幸福な一年を過ごせました。ご縁を頂き本当にありがとうございました。

 

今年の年末から年明けは とても大切な区切りだと感じます。だからなのかな、神棚を新調したくなりました。これで神様も少しは足を伸ばして休めるかな☆と思います。整った聖域に私の心もスッキリとしました(^^)

 

思い返すと 2017年のお正月は、原因不明の蕁麻疹と高熱でスタートしました。この出来事は 私の内側を綺麗さっぱり洗い流し 燃やしてしまったんですが、燃えてそこに残ったのは春を待つ枯れ木のような私でした。

そんなゼロからスタートした2017年ももうすぐ終わり。 見える世界 見えない世界、沢山のご縁を結ばせていただいた一年でした。 穏やかに調和的に過ごせたことを感謝いたします。

 

来年は、世界が 日本が 私達の暮らしが、 平和でありますように‥、これ以外の望みはないかもしれません。来年も、平和なタイムラインを より多くの人達と歩みたいと心から願っています。

 

今年も一年間、ブログを読んで頂きましてありがとうございました。良いお年をお迎えください☆彡

 

f:id:mruru:20171216170140j:plain