いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

延暦寺から日吉大社へ

 

今回の京都・滋賀の旅、目的地の一つが日吉大社でした。

以前 あるお方から日吉大社へ参ってみるようにアドバイスを頂きました。その時から心の片隅に日吉大社があって、ずっと温めてきた参拝だったのです。何か私自身にとって、大きな意味のある参拝になるのではないかと直観していました。

そんな待ちに待った日吉大社の参拝ですが、延暦寺をまわってから日吉大社に入ると夫は言います。「先に延暦寺なの?日が暮れない?本当に大丈夫?」スケジュールの関係から日吉大社を参拝するタイミングは今日しかなかったのです。ブツブツとうるさい私だったと思います 笑 

そんな私を横目に 「この方が回り易いんだよ(^^)」といたってのんびりな夫。でも、私達にとってはこれが順路なのだと、きっと夫は無意識下でわかっていたのだと思います。

 

根本中堂の長い階段の上は真っ赤な紅葉がとても綺麗でした。

f:id:mruru:20171206145109j:plain

 

東塔の大講堂を参り開運の鐘をならした後くらいから、元気だった体が突然重くなりました。根本中堂の長い階段は 年配の参拝客と同じスピードでしか登れません。 手すりをおばさま達と譲り合いながら 上がらない足を引きづるように登りました 。万拝堂で引いたおみくじは まさかの凶!ここにきて凶なのか‥とがっくり。なんだか今の体調の悪さを物語っているみたいで、一層元気がなくなる私でした 笑

 

f:id:mruru:20171206144750j:plain

 

緩い上り坂でも 夫に手を引いてもらわないと歩けませんでした。それでも夫は、さらに階段を上へと登ります。「鬼かー!」と心で叫びつつ 笑 登った階段の先には 阿弥陀堂が現れました。 

お堂では幸運なことに参拝客の方の御祈祷の最中で、私達も有難いお経の中 阿弥陀様に手を合わせました。お坊さんの素敵なお経を聞いていると一瞬で心が静まっていきます。。これまでも沢山のお経を聞いてきたけど、瞑想状態になるなんて 初めてかもしれない。

阿弥陀堂を出ると 不思議なことに驚くほど体が軽く、行きと帰りでは別な体になっていました!こんなことってあるのかしら‥と驚きつつ、きっと阿弥陀様に祓っていただいたのだなと思いました。

 

f:id:mruru:20171206145307j:plain

 

現在 この参拝から1か月が経ちました。今の自分の身に起きている変化の数々を思うと、延暦寺阿弥陀堂に参拝後 日吉大社へ行くというこの順路が、この旅の『筋』だったのだと思います。この『筋』を通さなくては 今の私はきっとなかった と腑に落ちます。 

ブログを書きながら記憶が整理されていきます。現地でその時には気がつかなかったことが、今ならするするっと理解できる、繋がっていく。 そんなことが最近は特に増えているような気がします。

 

 阿弥陀堂を参拝後 東塔の入り口付近にある鶴喜そばで、遅めの朝食に温かな「比叡山そば」を頂きました。エネルギー補給も十分にできたので、元気が途切れることもなく 西塔も横川も参拝することができました。

 

f:id:mruru:20171206144717j:plain

 

横川を出て奥比叡ドライブウェイを琵琶湖の方へと車を走らせると、うっすらと虹がかかっていました。雲で一度途切れたその先の虹は、琵琶湖の上に架かっていました。柔らかなブルーがとても綺麗な琵琶湖。眼下に琵琶湖を見て とっても幸せな気持ちになりました。

 

f:id:mruru:20171206001857j:plain
f:id:mruru:20171206231630j:plain

 

今思うと、この虹は日吉大社参拝の準備OKサインだったんだと思います。だいぶ寒くなってきました。それでも日が暮れる前に 日吉大社へ参拝できそうです。

 

不思議すぎる青い光

今日も旅の記録です。場所は滋賀県の佐久奈度神社です。そして過去記事「メモリーオイルを使い終えて」に少々リンクいたします (^^) 

 以前 鳥取の櫻谷神社で瀬織津姫にご挨拶し、ぜひまた会いたいと思っていました。 大津の佐久奈度神社は初めての参拝ですが、過去記事『写真に写ったのはシリウスの光?謎解き編・2』を書いている時に 佐久奈度神社の神紋を目にし、次に会いに行くなら瀬田川の佐久奈度神社さんにしよう、と思っていました。

過去記事の中で佐久奈度神社さんの祭神については書かせて頂いているので、今回は神社さんの説明は省略いたします。 

mruru.hatenablog.com  

これまで  過去記事に青い光のお話を幾つか書かせて頂いています。↑の過去記事は初めて不思議な青い光の写真を撮った時のお話を書いています。

その木の幹に写り込んだ 桜の花の模様を取り込んだ青い光を見た後 島根へと旅をすることになりました。その計画の中で瀬織津姫という存在を知り 何故かとても惹かれ、行く予定ではなかった鳥取まで足を伸ばすことにしたのでした。

 過去記事の「青い光」には桜の花の模様が写り込んでいました。(↓左側写真)

鳥取瀬織津姫に手を合わせた神社の名前にも「櫻」の字が入るし、佐久奈度神社という瀬織津姫を祀る神社の神紋が「菊の花の中央に桜の花」(↓右側写真)であることがわかりました。

シリウス(青)と瀬織津姫(桜)、写真に写った「青い光に桜模様」は、私に『瀬織津姫』の存在を教えてくれていたのだと 私は考えたのでした。

 

f:id:mruru:20160522232004j:plain
f:id:mruru:20171202225919j:plain

 

今回は、佐久奈度神社で夫が私を撮った写真に青い光と不思議な模様が写りました。 瀬織津姫を御祭神とする縁の深いこの神社で、瀬織津姫を示す青い光 が写ったことは、私は偶然とは思えませんでした。

 

この写真は、佐久奈度神社の参道を歩く私を 夫が撮影したものです。神社に着いた私の心は気もそぞろで、この写真の時 すでに心は拝殿へと駆け寄っていたように思います。見たであろう景色や話したことをあまり覚えていません。 

右の灯篭の下、今回もあの時と同じように 木の幹に青い光が写っています。↓

 

f:id:mruru:20171126170142j:plain

 

今回撮った青い光をアップにしてみます ↓  どうでしょう、不思議な模様ですよね。私の見たところには、お顔のついた漫画チックな三日月と☆マークが2つ、写っているように見えます。 どこかで見たような気もしました。でも思い出せませんでした

 

  f:id:mruru:20171126112224j:image

 

 「青い光に2つの星は、シリウスのAとBの連星ではないか?」 と思いました。「青に2つの星」は、瀬織津姫シリウスの女神だと、やはり知らせているのかも!と思いました。では月のマークはいったい何を意味しているのか?と色々と調べてみても、明確な答えが出せません。

それから日もそう経っていないある朝、スマホのメモリーオイルの香りが鼻につき 目が覚めました。「空っぽなのに随分と香るよなぁ…」と 瓶を見たのです。チャームが視界に入り 絶句しました。

左がチャームの写真 ↓ そして右に青い光の写真です↓

  

f:id:mruru:20171126165608j:plain
f:id:mruru:20171126112224j:plain
 

 チャームは『月と星2つ』の模様。青い光の写真とそっくりでした Σ(゚Д゚)   

チャームの模様が写真に転写された かのように見えます。しかも青い光に重なって。 

‥‥ゾゾゾ ( ;∀;)    なんなんだこれ・・・鳥肌

それに 写真を見た時に感じたどこかで見たような感覚は 正しかったわけで… 笑  まさかスマホのチャームだったとは。

夫がこの写真を撮っていた時、私のスマホは鞄の中だったと思います。たとえこのチャームのついたスマホを私が手に持っていたとしても、チャームの模様に太陽光が射し、その模様が青い光と合わさるとか、転写されるとか? そうゆうことってありえるのだろうか‥。カメラに詳しくはないのでゼンゼンわかりません。

 私にわかることは1つだけで、青い光と重なったのがいつも肌身離さず持ち歩く 私のスマホについたチャームだったということです。チャームが 瀬織津姫を表す青い光と一つに重なっているという事実がもの語っていることは、私にとってはとても重要なことなのでした。

写真が語るのは「重なっている」「一つになっている」、「側にいる」「守っている」という めちゃくちゃ自分本位な解釈しか浮かんでこないわけで (≧◇≦)、祓いの神は守護する神となることを教えてくれていると 思いました。

 

「メモリーオイル」についてですが、過去記事『メモリーオイルを使い終えて』の最後で少し触れましたが、メモリーオイルの香りが 強く強く立っていたのは、このチャームに全然気がつかない私へ 知らせるためだったのもしれないな、と思います。

 

祓いの神々は、魂の垢を削ぎ落とす神であり 命の根源の神です。私は、祓いの神の厳しさは 愛のある厳しさだと 経験を通し感じていました。  身ぐるみはがして放り投げる厳しさではなく、裸で滝にうたれている横でタオルを持って「頑張れ」と見守ってくれるような、そんな厳しさの中にも切り捨てることのない愛です(*^^*) 今回の不思議な青い光の不思議な現象は、そう感じてきたことが間違いではなかった と私が確信するに十分すぎる出来事でした。祓い清めの神様は、祓い清めた人をとても大切に思っています。怖がることなどないのだと思います。とても有り難いです‥

最後に。一応書いておきますが、写真の顔を消し、切り取り、拡大する以外、修正などは加えてはいません 。不思議すぎるけど本当のお話です (^^)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

豊かさと豊受大神


 紅葉が本番になる少し前に、京都・滋賀に行ってきました。今回は旅の記録です。

レンタカーで天橋立・籠神社を目指しました。お天気には恵まれたのに、何故か高速道路は霧。岡山のサムハラ神社へ参った時も霧だったよなぁ… 

  

f:id:mruru:20171127113638j:plain

 

道の駅と連結している京丹波PA。京丹波マルシェという直売所やお土産が買える施設になっています。地元の方の手作りの美味しそうなパンや、おにぎり、お弁当なども売っています。美味しそうな黒豆のパンを買ってみました。とても美味しかったです。

霧がすっかり消えた車窓の景色を楽しんでいると、土地勘がないので詳しくはわかりませんでしたが、窓の向こうの丹波とか丹後といわれる土地の 穏やかで豊かな風景がとても素敵だと思いました。その景色が発信する『気』に心が引き寄せられました。 

瀬戸内に行った時も「日本の原風景だわ~」と思いましたが、ここでも「古い時代の日本の姿かも」と感じました。 豊かさは豊受大神そのもの。この地方に豊受大神さまが座する意味がわかるような気がしました。 整った『気』が広がる素敵な所だったので、時間があれば高速を降りてみたかったな と思います。

 

元伊勢 籠神社近くにある傘松公園で又覗きの天橋立を見ました。

それにしても不思議です。海に囲まれているのに何故松の木が育つのだろう。松の下は海水ではなく真水が引かれているってことですよね?これが自然にできたものなら、奇跡のような風景だなと思います。

それと意外にも、リフトからの天橋立も迫力があって素敵でした。苦手でなければ、リフトが断然おススメです(^^)

 

f:id:mruru:20171202150504j:plain
f:id:mruru:20171127205404j:plain

 

リフトの府中駅と籠神社のあたりでは、何やら美味しそうな松茸のお吸い物の匂いがしました~♡ 香りに引き寄せられ歩いていると 松茸が売っていました(*^^*)  大きく育った栗や松茸を見るにつれ 本当に豊かな土地なのだなと思いました。

 

元伊勢 籠神社へ参拝しました。乳ガンになってからは特に来たかった場所が籠神社でした。籠神社のHPによると下のように書かれています。なぜ惹かれるのか、その理由がわかりました。

豊受大神は別名を天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・国常立尊(くにとこたちのみこと)・御饌津神(みけつかみ)とも云い、その御顕現の神を豊宇気毘女神・豊受比売とも云います。また食物を司るという属性の類似性から、倉稲魂命(うかのみたま)・宇迦之御魂(うかのみたま)・保食神(うけもちのかみ)・大宜津比売命(おおげつひめのみこと)なども同神と考えられています。

 

http://www.motoise.jp/yuisyo/index.php#01

 

 サムハラさんの天御中主神上一宮大粟神社の大宜津比売命、お稲荷さんの倉稲魂命。最近ずっとご縁を頂いてきた神々が豊受大神に重なりました。導いて頂いていたのですね…感無量です。

それに、今年行った天御中主神を祀っていたサムハラ神社の道中が濃霧だったのと、今回 籠神社への旅の始まりが霧だった事は、偶然の一致ではないかもしれません (*^^*) 

 

mruru.hatenablog.com

mruru.hatenablog.com

  

奥宮の真名井神社は修繕のための大きな囲いで覆われていましたが、手を合わせるスペースはありました。修繕が終わったらまた訪れてみたいです。 真名井の御神水はとても清らかで美味しかったです。

 

f:id:mruru:20171127205331j:plain
f:id:mruru:20171127204734j:plain

  

伊根では海側から遊覧船で舟屋を見ました。 お客さんが撒くカモメのおやつのかっぱえびせんですが、トンビがかすめ取っていきます! いつしか船はトンビに囲まれています‼ 触れられるくらい間近で 大きな羽根を広げたトンビを見ました。鋭い口ばしと爪はかなり怖かったです。

 

f:id:mruru:20171127115835j:plain
f:id:mruru:20171202150554j:plain


 普段 コンクリートだらけの町に住んで感覚が慣れてしまっているせいか、伊根のありのままで、日常的で、旅人にさえも着飾らない暮らしが、とても素敵に思いました。

自宅前で釣り糸を垂らし獲った魚がその日の食卓に上がるという、ちょうどいいサイズの暮らしを想像しました。自然と人の繋がりがあって、それらがちょうどいい距離感で存在しあっている。『それが当たり前の暮らし方だったんだよ』と見せてもらった気がします。

 

f:id:mruru:20171127120011j:plain

割烹 海宮WADATSUMI 

 

  普段から旅は素泊まりが多い私達。その土地に住んでいるなら食しているであろう土地の食べ物とお酒を、探しながら頂くのを楽しみにしています。

今回も宿の近辺でご飯を食べようと ホテルの人に数件お店をピックアップしてもらい歩きまわりましたが、魚箱を持つ店主らしき人に聞くと「今日はやっていません」。明かりの灯るお店に聞くと「予約してないと‥」となかなか見つかりません。お店がやっていてもいただけない!笑 これはボヤっとしていたら食事にありつけないかもよー ( ;∀;) と、のんびりさんな私達も伊根のルールを覚り始めました。  

コンビニのかわりにあるのは  日が暮れると閉まってしまうという昔ながらの商店で、取りあえずお食事がとれなかった時の保険で 笑 お菓子とお酒などを買いました。 こうやって旅先のルールに馴染むのも旅の醍醐味ですね。

 

 数件のご飯屋さんに撃沈し 笑 候補最後のお店へ。その店を最後にしたのはお高そうだったからなんですが…でも 一番行きたかったお店 でもありました♡ そのお店で快く受け入れて頂き、無事に地元のお食事を頂くことができました。とても有り難かったです。それにお値段以上のボリュームでした。 美味しくて満腹になりました(^^)

 充電切れでお料理の写真は一枚のみなのが残念。 一緒に頂いた 伊根の向井酒造さんの《伊根満開》という赤い色のお酒が、甘くてフルーティーでとても美味しかったです。 お店もお酒もとてもおススメです(*^^*)

伊根 鮨割烹&カフェ|舟屋日和

伊根の地酒 蔵元むかい -伊根満開− 

 

f:id:mruru:20171127115941j:plain

 

 

伊根の海はとても穏やか。そんな穏やかな海にオレンジ色に暮れていく夕日を見られて 何と贅沢なことか。

 伊根とパソコンで入力すると『稲』と変換されて、ほほーっと笑ってしまいました。 この日一日ずーっと豊かさを感じていたのは、きっと 豊受大神さまに触れていたんだと思います。豊かさの懐の中を旅しているみたいな‥、それは豊受大神さまの懐の中を旅していたのですね。 

豊受大神さまのもてなしをたっぷりと受けさせていただき、とても幸せでした。一生忘れられないと思います。

私にとっては色んな意味で記念すべき一日となりました。とても有り難い旅の始まりでした。

クリスタルアクセサリー(追記あり)

 

パワーストーンのブレスレットを身につけはじめて4年くらいになると思います。たぶん私は興味が出たの、遅い方だと思います。街でもしている人をよく見かけていましたが、自分がしようとは何故か思えなかった。今では12ミリ玉のブレスレットも着けるほど大好きになりました (*^^*)

 でも持った方が良いらしい・・、しかもラピスなんちゃら 笑 という石らしい。眠りから突然起こされて脳内にそんな言葉のメッセージを受け取りました。

お達しの通りラピスなんちゃらを調べると、「ラピスラズリ」という石があって驚きながらも、なるべく数珠のように見えない 小さいビーズのラピスラズリのブレスレットを買いました。これならアクセサリーとしてできそうと思いました。

 その晩から一週間、仲良くなるために枕元に置いて眠りました。最初の日、不思議な体験をしました。

枕の下に忍ばせたラピスラズリのせいなのか、頭や肩の辺りがすーすーし始め、それはすーすーをはるかに超えて寒くてブルブル震えてきました。それはもうビックリ! ドアは閉まっているし当然風もない部屋。まさかと思いつつもラピスラズリを枕から離したら、そのすーすーはピタリと止まったのでした。

 後に知ったのはチャクラという存在のことでした。ラピスラズリが5・6・7のチャクラに該当するということなので、枕のあたりはまさにこれらのチャクラの場所でした。 あのラピスラズリのブレスレットが私のチャクラを開けてくれて、風が通ったように感じたんじゃないかな、なんて思っています。

ただの石ではないんだなと、パワーストーンの力に驚かされ、信頼を置けるようになった体験でした。

 

 最近の私は、ゴムタイプのブレスレットだけではなくワイヤータイプのアクセサリーを作るのが好きです。 自分ではクリスタルアクセサリーと呼んでいます。

 

f:id:mruru:20171201010123j:plain
f:id:mruru:20171201010212j:plain

 

こんな感じです。さざれなどの小さくてお安い石もよく使います。

 

f:id:mruru:20171201010133j:plain
f:id:mruru:20171201010150j:plain

 

紙が写っていますが、お友達の所に置いてもらう時に、ソフトワイヤーでお値段をつけさせてもらっています。

 

f:id:mruru:20171201010201j:plain
f:id:mruru:20171201010226j:plain

 

さざれ一つでも必ず石を浄化してから製作し、出来上がったら出来る限り満月の波動を浴びてもらってから 送り出します。だから うちから送り出す時は、みんなキラキラと輝いています。素敵な出会いをし持ち主さんに可愛がってもらい、最善があるよう「頑張れ!」と送り出します。

 

事情があってここには書けませんが、このコ達はただいま行方不明中です。

夢の中では、私の元に帰ってきてくれました。キラキラ輝くこのコ達を抱きしめていました。きっとこのコ達の波動だけは私の元に帰ってきたんだな、と思います。

作品はいつでも思いなどは込めずに たんたんと作りますが、それでもこうして不測の事態が起こると、例え石であっても「あのコ達は大丈夫だろうか」と案じる自分がいます。役目も果たせず帰ることもできないんだなぁ…と、やっぱり胸が痛いです。「無事に帰っておいで」と思ってしまいます。

 

こんなことにはめげずに、これからもアクセサリーを作るんだと思う。応援してくれる人に感謝をしながら、背中を押されながら、楽しく作っていくと思います。

『次いこう!次!』の言葉に勇気をもらいました。ありがとう! 

 

追記 行方不明になっていたこのコ達ですが、この記事を書いてすぐ 無事に戻ってきてくれました。色々ありましたが とにかくホッとしました。御心配下さった皆様、励ましてくださってありがとうございました(≧▽≦) 満月の波動をたくさん浴びて休んでほしいと思っています☆

メモリーオイルを使い終えて(追記あり)

 

アンシェントメモリーのBaskさんでブレンドしてもらったメモリーオイルですが、その後様々な変化がありました。 

mruru.hatenablog.com

 

 元はコーラルカラーでしたが、ピンクが抜けてオレンジのようなゴールドカラーになり、おまけに3か月後の今、ほぼ空っぽになりました。

f:id:mruru:20171127104139j:plain

 

色が変化したり、無くなるスピードにも 意味があるのだとしたら、私としては納得がいくことが色々あります。

 

コーラル色を自分で作る時、赤と白でピンク色を作り オレンジ色を足すのだそうです。

コーラル色にブレンドされたこのオイルの ピンク色が示す『無条件の愛』を私は使いきり、そこに残ったのはオレンジ色の示す『共依存』という少しネガティブな感情。

大切なワンコを「まだ失いたくない」という感情で揺れていました。。 

まさしく、です。

そんな感情を明るく元気に乗りこえる力となってくれたのも、また、『元気』を象徴するオレンジ色だったように思います。

 

大切な家族であるワンコの体調悪化とそれに向き合う中で出会ったメモリーオイルでした。ワンコは、オイルが空っぽになった今、病気がわかる前の元気さと快活さと食欲を取り戻したように見えます。とても有難いことです。

アンシェントメモリーオイルの導きに心から『ありがとう』と思います。

 

色は変わりましたが、香りは薄れるどころか どんどん立っていったのが印象的でした。瓶が空になるにつれ香りが強くなっていました。

今思うと、それは私に不思議なことを伝えていたのだと思います。 

続きは次回以降に・・☆

 

追記 関連記事は 過去記事『不思議すぎる青い光』に書いています。よろしければご覧ください。 

mruru.hatenablog.com

 

 

自分と仲良くなる

秋も深まり、お天気予報も雪マークが見られるようになりました。今年はトンボと雪虫があまり見られなかった気がします。
f:id:mruru:20171110204003j:image

 

最近は以前より “自分と仲良くなったなぁ”と思います。変な表現かもしれませんね 汗

それは、自分の体の声なき声に耳を傾けて、察知することができるようになったということです。自分自身と相談しながら生きることに随分慣れてきたようです。

先日煮魚を食べていたら骨が喉に刺さってしまいました。ご飯を食べてもお味噌汁を飲んでも取れる気配がなく 困ったなぁと思いましたが、「身体が異物と判断したらそのうちヒョイと取れるだろう(^^)」と喉の骨から意識を離しました。何故かそれ以上の心配は必要ないとわかっていました。

汚い話で申し訳ないのですが…数秒後には お爺ちゃんの咳のように 笑  大きく咳き込み、口に当てた手には、ビックリするような大きく太ーい骨が乗っていました。  体のメカニズムってスゴいなと思います!

 

このところの寒さで風邪をひいたんですが、良くなった風邪がぶり返し、明日から旅行というのに鼻水が止まらず、身体も何となく熱い気がする…。昔の自分なら旅行を取り止めるか?病院に走るか?そんな選択肢が頭に浮かんだはずです。

でも出発の前日の私は、風邪薬と漢方薬を飲み、早めに眠りました。そして「風邪が快方しますように。明日は絶対出発します!」と心に意図して眠ったのです。

 明け方 眠っている脳内に『準備が整いました☆』というアナウンスが!笑   

その声にビックリして目覚めました(;゜∇゜)  この声は身体からの声でしょうか??  不思議なことがあるものです。

起きてみると鼻水も止まり身体が軽くなっていました。旅先では風邪をひいていたことも忘れて、神社仏閣を元気にまわることができました。

 

どちらも 喉に刺さった魚の骨がとれた、風邪が良くなった、というしょーもない話なんです 笑   よくある日常の話も自分の中の変化に気がつくと、とても素晴らしい経験に思えてきます(^^)   

この身を任されている私にできる最大限をしたら、あとは信頼して身体のことは身体に任せる、手放す勇気を持つことが大切ですね。「一緒に協力しあおうよ🎵🎵」と自分自身との調和がとれている証拠だな✨と思います。

自分自身との信頼関係が築けている心地よさは、とても幸福です。

 

寒くなりましたね。

先週 恵庭の滝を見に行ってきました。山は紅葉も始まりとても綺麗でした。

恵庭に渓谷があるのを私は知らなかったんですが、けっこう見に来ている方も多かったです。有名なんですね。

ラルマナイ川という川沿いにある滝です。駐車場もありました。

 

 

f:id:mruru:20171012141730j:plain

f:id:mruru:20171012142023j:plain

白扇の滝

 

f:id:mruru:20171012141935j:plain

ラルマナイの滝

 

f:id:mruru:20171012141846j:plain

三段の滝

 

 

最近はヨーグルティアで甘酒や塩麹・醤油麹を作って楽しんでいます。

お米と麹とお水で出来ている甘酒は、ワンコの栄養補給にもなり使い勝手が良いです。あの味はワンコも好きみたい (*^^*)

毎日甘酒を飲んで麹を食べるようになって 私はお腹の調子がとても良く、体温も上がっているような気がします。特に食後はポカポカしています。ホットフラッシュのような急激な体温上昇ではないので、麹かな?と思っています。

日本人の体と麹、とても相性が良いのだと思います☆

 

今年も徳永英明さんのコンサート、行ってきました♪♪

迫力ある歌声で 完全復活だな☆と嬉しかった~♡ ギター片手に歌う一幕もあり、「なかなか見れない光景だね」と友人とワイワイ(*^^*) 楽しかったです。

 

芸術の秋、食欲の秋、読書の秋、睡眠の秋 笑 私の中ではすっかり秋が進行中だ~☆