読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも真ん中で いよう

wake up call で目覚めたら 開いた目で何を見ようか

ヴィパッサナー瞑想とアカシックリーディング

スピリチュアル 瞑想

  

3月に入ってから「アカシック」というワードが引っかかっていました。

お酒売り場では『あかし』というウイスキーを無意識に買い、今度行く旅は『あかし』で『明石焼き』を食べよう、と話していたり。それでも気づかないでいると、友人が『今度インナーチャイルドやアカシックリーディングの講座を受けようかな』と言ってきました。ストレートすぎる(笑) 

 去年自分で初めてアカシックを視て感動したのですが、それ以来成功したことがありません。そんな私のアカシック熱はすっかり冷めていました(笑)

 

mruru.hatenablog.com

 

少し話は変わりますが、2017年は『瞑想をしっかりできるようになろう』と思っていました。

ヴィパッサナー瞑想の本を読んで実践しています。座ったり横になってやる瞑想は、最近はいい感じでできているんじゃないかなと思います。

この瞑想は『観察』をする瞑想で、目を瞑り呼吸を観察し、割って入ってくる雑念も観察し、「痒み」も「痛み」も「暑さ」も観察します。最終的には呼吸の観察をしている自分が在るだけになります。

 

「痒み」を観察していたら面白いことに気づきました。私達は「痒い」と「かく」事が無意識にワンペアで起こるけど、「痒み」に着目するとそこには「痒い」ということしかないのです。「かく」という動作は「痒い」という意識上にはないんですね。それってどうゆうことかというと、「痒い」の意識を認識し観察し「かゆいかゆい」と思って眺めていると「痒い」は消えるってことなのです。・・痒くなくなってしまうのでかかなくていいのです。それって私はビックリしました。

 

今までやっていた私の瞑想も「痒い」時は「今私は痒い」と認識してはいました。でも何故かヴィパッサナーのように痒みは消えなくて我慢していた気がします。我慢するということはそこで瞑想という集中が途切れてしまうのかもしれません。何だか瞑想が上手くいかない?楽しくない? とずっと思っていたのです。

お釈迦さまがやっていたヴィパッサナー瞑想は、こうしてあるがままを観察し、観察することで削ぎ落としていき、『今ここ』だけが残ることを体感できるようになるのですね。

楽しいと思えなかった瞑想が、今は「瞑想は楽しいもの」と思えるようになりました。

 

ここで話はアカシックへと戻ります。

ここまで『あかし』を連発されると「アカシックを視ろってことかな?」と思うようになりました。

ヴィパッサナー瞑想を十分にやってさらに内側を光で満たすと、自然と去年守護神様が連れて行ってくれたアカシックへと繋がる道が見えてきて、今回も同じ道を行ってみました。するとアカシックに入る事ができたのです(*^^*) そして『現世の私に一番影響を与えている過去世』を視てくることができました。

 

その過去世をここに書くことはやめときます。その過去世があった記憶は当然ありませんし、自分で視たり聞いたりしたのに、まだ信じられない自分がいたりします(笑)

とはいっても人生を振り返ってみると、思い当たることがたくさんあります。ある仏様を懐かしい思いで見た感覚や、反対にその場に居ることがとても苦痛だったお寺もあったんです。何故か惹かれる暮らしがあったり、旅先の町なのに“ここ知ってる”と感じたのも、どれもその過去世のゆかりのものだった気がします。たくさんの?がこの過去世に繋がりました。その過去世があったから「あんな風に思ったんだ!」って腑に落ちました。

いつか見た雪まつりの輪廻転生というプロジェクションマッピングのように、私の内側で時輪曼荼羅がガチャンと動いた気がします。

 

mruru.hatenablog.com

  

「上手くアカシックにたどり着けなかったのは瞑想が上手くできていなかったんだ」

とわかりました。その後も同じようにしてアカシックを視ることができているので、ヴィパッサナー瞑想を始めたことが私にとってはよかったのだろうと思います。

 

いつか本物の信頼できる霊脳者さんに出会えたら、この過去世のことを確認してみたいなぁ~と思います。

とはいっても別に過去世が100%正しくなくたっていいとも思ってます。この出来事が人生をちょっとだけ楽しくしてくれましたので、素敵なエッセンスをいただいたと思って、大切にしたいと思います☆

 

 

 

手術から2年

癌と暮らし

 

春分の日を前に・・・

 

もうじき乳ガンの手術から2年になります。

乳ガンになって色々な経験をしました。自分を信頼し決断し生きるしかなかった瞬間ばかりでした。その度に答えを見つけることを諦めないでよく頑張ったなって、自分を褒めてあげたいです。自分の人生を自分の手に取り戻し自分の足で歩けたこれまでの日々を、感謝せずにはいられません。

 

あの時確かに現実が辛くて泣いた日もありました。何かの罰が当たったような自分を責める感覚が起きました。でも二年後の今の私は笑顔で毎日を過ごしています。人はとても強いと思います。転んでも立ち上がる、何度でも。

思考や感情を柔軟にして生きることが今はとても楽です。黒か白かしか認められなかった私ですが、今はグレーでいいじゃないって思います。ガンともつかず離れず意識には置いて静観しながら過ごせています。

今日があることが本当に有り難く嬉しいです。時間はどんどん過ぎ去りできれば5年、10年と過ぎ去ってほしい。そして大切な人達との日々を愛おしく生きていけたら最高です。命があることに感謝したいと思います。3年目も精一杯生きたいと思います。

 

 

今回は治療の副作用について、現在の状況を書いておきます。

 

mruru.hatenablog.com

 

  上の過去記事以降肩の痛みは消えませんでした。

 

ホルモン療法の影響なのか肩に水が溜まり、泣くほど強烈な痛みで腕が全然動かせませんでした。すると肩関節が固まった(!?)かのように、後ろにも上にも手が動かなくなりました。

 最初の痛みから11ヶ月の現在、急性期というか痛みの激しい時期は過ぎたようです。先生は私の腕の可動域が狭くなったのを確認し「いよいよ五十肩になったね」といいました。くくくぅ・・(泣)

現在は肩にステロイド注射やヒアルロンサン注射をしながらリハビリ中。痛めた肩は乳ガンの手術でリンパを切除した側なので極力注射も我慢していましたが、やっぱりするしかないようでした。まずは腕を動かさなきゃ本気で固まってしまう( ;∀;) 

そうそう。注射をしたけどリンパ浮腫などは起こりませんでした。まずはホッとしました。

 

これは副作用かわかりませんが、爪が2枚になったり巻爪になってしまいました。随分と弱くて薄い爪になった気がする・・。こんな爪ではなかったのでショックです(>_<) 少しでも爪が伸びると下向きに巻いてしまうので深爪にならない程度に早めにカットします。

爪に良さそうなネーミング。ケラチンの美容液でマッサージ始めました。効くといいけど~

 
f:id:mruru:20170316155115j:image ピュアケラチンセラム10ml

 

ホルモン一つが止まっても体には沢山の影響がありますね。生・老・病・死、四苦ですが、老いるという苦しみを今こうして早送りで体験中なんですね、私。できていたことができなくなる、もっていた強さが弱まる。老いるとはこういうものなんだなぁ・・と日々実感しています。

それ故にいかに人というのは精密に作られているのかを思い知らされます。自然の営みに、全てを与えてくれていることに、感謝する気持ちが自然と湧いてきます。

 

春を感じる一日

 

カーテンを開けると雲のない青空。気持ちいい一日の始まりに感謝。

朝日を浴びると、鼻と目とオデコがむずむずする~(T^T)   はぁぁ  むずむずの季節がやってきた。

 

北海道はまだ花粉は飛びません。このむずむずとクシャミは季節の変わり目アレルギー?(笑) ここ数年毎年なります。特に春と秋、切なくなるくらいかゆい。目も鼻もかゆい・・

 鼻セレブ買ってこよう。

 

 

最近夫がとても面白い情報を教えてくれました。

JALマイレージ特典航空券を使って行く旅なんですが、『どこかにマイル』といって、4つの空港がランダムで変わり、その何処かに行き先が決まる!JALさんにお任せのちょっとミステリーツアーっぽい?旅の始まり☆

 しかも往復6000マイル、お安いですよね!

 今度使ってみようと思います(*^^*)


f:id:mruru:20170312105003j:image

まずはごくっと頂きます。そしてお友達とランチ楽しみです!

よい日曜をお過ごしください☆

 

あれから6年

 

今日は3月11日。東日本大震災から6年ですね。

 

私は6年前のあの日都内にいました。とあるお店の外階段を登っていました。初めて体験した激しい揺れは震動5弱。

お店の食器が落ちるガチャーんという音ときゃーっという声があちこちから聞こえました。あらゆるお店のドアから人が飛び出してきてぶつかり、なだれ込む人に押されながら階段から落ちそうになりながら地上へと出ました。

電車がストップしたので歩いて一時間やっと自宅に戻り、テレビで見た東北の景色に息をのみました。時が止まり、無になり、ただ時間が過ぎていました。怖くて服を着たまま、補聴器をつけたまま眠った数日間でした。

 

日本人であってもなくても世界中の誰の心にもあの6年前の3.11は記憶されています。

決して忘れてはいけない日、忘れられない日。

 

犠牲となった人、時が止まったままの人、亡くなった人達が心配しないようにと前に進みだした人、あの日その場に居合わせていなくても、心の深いところの価値観が大きく変わった人も、いる。

沢山の思いがある中で、みんな生きている今日。

 

全ての人が癒される日がくることを祈ります。

 

ルネーション占星術

  

ここ数日ジブリ映画『耳をすませば』のカントリーロードが、私の中でぐるぐるしています。

 

♪ カントリーロード  この道 ずっとゆけば

   あの街に 続いてる 気がする カントリーロード

 

この道=人生は、(魂の)故郷に続いている。そんな気がする私です てへ(*^^*)

 

 

 

占星術を勉強していた頃に知った『ルネーション占星術』なるもの。今日はそのことを書いてみようと思います。 

 

生まれた日の空にあるお月さまの状態から、その人の人生のフェーズとかカラーとかが読めてきます。去年本屋さんで鏡リュウジさんの『ルネーション占星術』の本を発見。占星術の教室ではさわった程度だったので、もっと知りたくて購入しました。 

 

鏡リュウジのルネーション占星術 (鏡リュウジの占い入門4)

鏡リュウジのルネーション占星術 (鏡リュウジの占い入門4)

 

 

占星術で月は人の感情をみせてくれます。

私の月は12室にあるので感情とか心とか自覚しにくいです。それに気がついて知りたくて占星術を始めたのですが、月が12室にあることを知ってガクッときました。なるほどねどーりでって(笑)

ホロスコープの「12室」は、ホロスコープの12のサイクルの最後の部屋です。無意識・潜在意識の部屋です。ホロスコープは例えるなら、1室で生まれた赤ちゃんが、人生と同じように成長し学び大人になり、老成していく魂は12室で無へと溶けていく。それはまた巡って1室でおぎゃーと赤ちゃんとして生まれる為に。そんな風に理解できるかと思います。

その12室に月以外にも主要な星がごちゃっとある私は、人の心はわかっても自分の心はわかりにくい。そんな自分の中の“なぜ?”や“不思議”が理解できたので、占星術をやってよかったと思いました。

 

さてそんなお月さま。このルネーション占星術で見ると私はバルサミックムーンの時に生まれています。バルサミックムーンは月が欠けていき、新月を迎える少し前の月。今まさに月が消えようとしている時。

 

鏡リュウジさんの本に書いてある文を引用します。

一日でたとえるなら太陽が昇り、日中に明朗な意識で活動し、日が落ちた後に眠りにつき、無意識の世界に旅立っていこうとする直前をイメージするとわかりやすいでしょう。そのためこの人は「こうしたい」といった個人的な欲求はあまり強くないかもしれません。むしろすべてを手放し、もっと大きなものに身を委ねようとしています。

 

 

その通りなのですね~。。

バルサミックムーンはホロスコープの12室ととても似ています。ホロスコープの月の位置だけでも十分自分がわかりにくかったのに、バルサミックムーンの影響も受けてさらに深い所に「私」はいるのでしょうね。

でも、今まで自分でも理解できなかった深く潜ったような感覚は、実は私にとっての当たり前なんだなと受け止めることができたので、本当に生きやすくなりました。

 

 

 

そして鏡リュウジさんも書いているように、月のバルサミックムーンのフェーズは「手放し」なんです。40を過ぎてずっと手放しをしてきた私ですが、今の私はバルサミックムーンが知らせてくれている「自分のフェーズ」通りに生きています。そして、それが確かに私のカラーになってる気がします。

 

 私は10代の頃から何故か今世は「後始末する」時間を過ごしている気がしていました。自分の夢を育むとか、自分を表現するとか、 実りを収穫する ・繁栄させるという価値観がとても生まれにくかったのです。幸せになることは「持つ」ことではなくて削ぎ落としていくことの中に眠っているような気がしてました。魂がそんなフェーズの道を歩くことを決めて生まれているなんて知りもせず・・・

 

でもそんな感覚があったことを思い出したのはつい最近のこと。

占星術、ルネーション占星術と出会って、無意識の奥底にあったその感覚を思い出しました。今の私の幸福感はその感覚が間違いではなかったのだと教えてくれています。

 

自分の中の静けさと向き合うことが根っから好きなんだなと思います(笑) 最近「いい意味で浮世離れしているね。いい意味でだよ笑」と人に何度か言われました(^^;)

いい意味で良かったです(^^;)

 

ちなみにこちらの鏡リュウジさんの本では鏡さんが名付けた『ルナーシンボル』というのが載っています。

日々満ち欠けする月の相を表しています。その一夜ごとの月に僕が名前をつけたのが『ルナーシンボル』です。略 あなたが持って生まれた資質をさらに読み解くために、このシンボルをチェックしてみましょう。

 

ルナーシンボル、私は『魔女』でした。

あらゆる常識や倫理に縛られない、独特の存在感を持っている人です。略

わっはっは なるほど(^^;)

 

「自分のことをもっと知りたいけど占星術はとっつきにくいな~」と思っている人は、この『ルネーション占星術』はとても簡単で良いと思います。調べ方もとても簡単です。楽しみながら自分の人生のカラーを認識できる一冊となってます☆

 

大切なもの

学び 気づき

 

年をとると涙もろくなるというけど、最近私も妙に泣けて参ってしまう。

地下鉄の階段で、エレベーターの中で、化粧をしながら、電話をしながら。

光景が心を打つともうダメみたい。

目の前の光景だけではなく心に映る光景でも、崩壊注意報。

 

 

 

この間病院のエレベーターで看護士さんに車椅子を押されたおじさんが乗ってきました。

 

パジャマの肩はズレているし髪の毛も寝癖のまま、あまり顔色もよくなく、手には二本の点滴が繋がっている。

起きがけに検査にでも行くのかな?そんなことを思いつつ視界の隅でおじさんを感じていました。

 

ボーッとしているそのおじさんが、エレベーターの中の大きな鏡に映った全身の自分を見ている。

すると点滴の繋がってる腕で寝癖の髪の毛をゆっくりと整えはじめました。

 

それを視界の隅で見ていた私の心に『尊厳』と響いたのでした。

 わぁ・・もうだめ。

胸が締め付けられ泣きそうになる。

 

 

 

自分で今は歩けなくても、人の支えを必要としていても、人は決して自尊心を失ったわけではない。

自分が自分でありたいと思っている。

 生まれたばかりの赤ちゃんも、病に倒れても、年老いても。

生まれた瞬間から終わる瞬間まで、人が人として生きる時、それはとても当たり前にその内側にあるものなんですよね。

 

 

 

最近私は哀しみの中に立つ人の心に寄りそうことが増えています。

その人を思う気持ちは自覚しているのに言葉にすることが難しいと感じることが多く、私の言葉に余計な一言があったのではないか?と思う事もしばしばあります。

相手を信頼し相手を尊重しそれ故の言葉や思いやりを、というところが、わかっていてもとても難しいと感じていました。  自分の力不足を感じます。

 

今回、人の『尊厳』の瞬間を見せられた気がしています。私が難しいと感じていた「思いやるが故」の微妙な温度のようなものの解釈ができた気がします。

『尊厳』はとても当たり前のこと。それがよくわかりました。

 

 

日々生きていることが学びなんだとつくづく思います。

大切なものをおじさんから学ばせていただきました。  

おじさん どうもありがとう。

 

 

『wake up call』から『いつも真ん中でいよう』に変わりました

はじめに

 

内側が変化して何かが少し変わっているという感覚は、春なのに冬服でいるような、そんな感じかもしれないと思った。

衣替え、したくなりました。

 

 『wake up call』として1年と少しやってきました。

4年間という時間、私の中で鳴り続けた目覚まし時計ですが、

やっと鳴り止んだ気がします。

 

 

 目覚まし時計が鳴っている間、

心という見えない世界はいつも純粋に私にぶつかってきました。

私の「どうして?」「どういう意味?」という自分への問いかけは、

私を進化させる機動力になっていました。

 

例えば乳癌という辛い出来事も真理を知ることによって、

辛いとかあれこれの感情から離れ「一つの経験」と思えるようになりました。

 この貴重な時間と経験を与えられたことがとても有りがたいです。

 

 

私の内側は今とても静かです。

空っぽになったあの時からこの静けさは変わりません。

 

でも相変わらず日常では周りで賑やかにあれこれ波風は立つものです。

でもどんな強風も私をなぎ倒すようなことはなく、

私の体を風が通り抜けていくように感じています。

有りがたいほど風通しが良いです。

  

 

『いつも真ん中でいよう』というブログ名。

 

仏教でいう中道を生きるということの大切さを知った時期がありました。

何でもどちらか一方に偏るから苦しかったんだと気づきました。

気づいてからはいつも心に「ニュートラル」と思ってます 。

意識して暮らす、まだまだな今の私です 笑

 

今私は45を過ぎ折り返しの人生の中です。

これからは辛い出来事も多いのかもしれません。

 

 人はそんな辛い時でも心を真ん中に置いて、ブレずに乗り越えられるものなのか? 

 

楽しく穏やかな暮らしを目指しながらも、 

これからは人生をそんな目線でも見つめてみたい。

一度きりの尊い人生だからどんな自分も見逃さないように。

 

 

これまでご縁を頂いた皆さま、どうもありがとうございました。  

今後とも引き続きご縁を頂戴できると嬉しいです(*^^*)

ありがとうございました。

そして よろしくお願いします。